アラフォー向け、おしゃれ見えするパーカーの選び方3選

ファッション誌では、肩の力が抜けたエフォートレスでおしゃれに見えるパーカーですが、実際に着てみると、「何だか、ただ手抜きしているように見えるかも……」「部屋着に見えない?」など、案外どんなコーデを組んだらいいかお悩みの大人女性が多くなっています。カジュアルコーデには欠かせない定番アイテムなだけに、着こなしには気を使いたいところ。

そこで今回は、大人女性におすすめのパーカーの選び方と、コーデのコツを3つご紹介します。
   

1.色味はやっぱり「グレー」「ブラック」「ネイビー」

WEAR

出典:WEAR

パーカーの定番カラーといえば、グレーですね。どんなコーデにも投入しやすく、シーズンを問わず着用できるので重宝します。シンプルなパンツやスカートとはもちろん、柄物のボトムスを持ってきてもまとまり感が出るので、1枚持っておくと便利です。

ブラックのパーカーなら、今季も引き続きトレンドに挙がっているオーバーサイズでも、着やせ効果が狙えます。ただし、重い印象のカラーなので、コーデに白やピンクといった明るいカラーをプラスすると、抜け感が生まれて、今っぽい着こなしになります。

また、こなれ感のあるネイビーのパーカーは、ママに人気。エレガントかつ軽やかな印象を醸し出してくれるので、大人のカジュアルコーデが叶います。
 

2.なりたい印象に合わせてサイズを選ぶ

WEAR

出典:WEAR

パーカーを選ぶ際、重要になってくるのがサイズ感です。

きれいめ派の方は、ジャストサイズや、ややゆとりのあるシンプルなパーカーを選ぶと、品よくまとまります。タイトスカートやセンタープレスのパンツとコーデすれば、肩の力の抜けたエフォートレスなONコーデが完成します。

反対に、カジュアル派の方は、今季も引き続き注目のオーバーサイズのパーカーがおすすめ。ご主人や彼から服を借りたようなボリュームのあるサイジングで、こなれコーデが叶います。オーバーサイズパーカーは、着用するとボリュームが出るので、ボトムスにはスリムなものを持ってくるのが、スタイリングを成功に導くポイントです。

ロングスカートやワイドパンツといった、ボリューム感のあるボトムスと相性抜群なのが、ショート丈のパーカーです。ボトムスにINすることができないパーカーは、短いタイプを選ぶと、抜け感が生まれます。
 

3.デザインは「プルオーバー」か「ジップアップ」が使いやすい

WEAR

出典:WEAR

パーカーには大きく分けて、プルオーバーパーカーやジップアップパーカー、ハーフジップパーカー、ボリュームネックパーカー、マウンテンパーカーの5種類があります。

前にジッパーなどが付いておらず、頭から被って着る種類のトップスにフードが付いたものが「プルオーバーパーカー」です。パーカーの下にシャツをレイヤードして、首元からシャツをさりげなく見せることで、カジュアル感を抑えたエレガントなコーデが叶います。

もっとも幅広い着こなしを楽しめるパーカーが「ジップアップパーカー」です。カジュアルさやラフさを演出するなら、ジッパーを下までおろして、前開きする着こなしがおすすめ。スッキリとした印象を醸し出したいなら、ジッパーを上げて前を閉じた着こなしが◎。

また、大人女性なら、派手なデザインや、大きなロゴが入っているパーカーではなく、オーセンティックな無地のパーカーが正解です。着用していくうちにペラペラになってしまう薄い生地ではなく、ふんわりとした厚みがあり、着心地も良いものを選んで。生地の良し悪しは、フードの立ち上がり具合でわかるので、ぜひ試着の際に確かめてみてください。


以上、大人女性におすすめのパーカーの選び方を3つ紹介しました。これを参考に、こなれ感のあるパーカーコーデを叶えてくださいね!

===========================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
===========================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
ぽっこりお腹をカバー! 着やせコーデのコツ4選
1足目は白のローカット!白コンバースのおすすめコーデ
これさえあれば!大人女性が揃えるべきバック3選
プチプラで買ってもOKなパンプスの特徴3つ
大人女性にぴったり! H&Mの高見えシューズ3選
アラサー、アラフォーに贈る!冬のモテファッション'18-19
オール3000円以下! H&Mの高見えバッグ4選
冬の大人カジュアルに!おすすめ白スニーカー6選
通勤神パンプス!走れるハイヒールの選び方とおすすめ
ユニジョに最適!ユニクロダウンのおすすめ2選

▼注目のファッションイチオシ記事はこちら
デザイン良し、機能良し!豪発の注目のトートバッグ
日本の美意識が感じられる「matohu(まとふ)」の長着

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。