スーパー・コンビニとメーカーのタイアップ懸賞を狙うコツ

日々の買い物をして、結果、節約ができてしまう懸賞。今回はスーパーとメーカータイアップ懸賞の中で、ねらい目懸賞を見極めるポイントをご紹介したいと思います。(第1回『懸賞名人ガバちゃんが語る!懸賞の楽しみ方』はコチラ)

 

「高額レシートで応募数が減る!」

現在、買い物で得られたレシートを貼って応募するクローズド懸賞で、最も高額な賞品(10万円)が設定されているは、買い物の合計金額が5000円以上が応募条件となっている懸賞です。ケーマーさんの間では日々の買い物で2000円以上が条件の懸賞はハードルが高いと感じる境界線とされています。

つまり金額が高くなるほどその分応募が減ることになります。高額なレシート懸賞は当たる賞品も魅力的ですので、懸賞とからめながら計画的な買い物をすることをおすすめします。

 
2000円以上が条件の懸賞はハードルが高いと感じる境界線

2000円以上が条件の懸賞はハードルが高いと感じる境界線

  対象商品を「含む」か「のみ」かをチェック!

例えば、対象商品のドリンクを含む5000円以上のレシートであれば、他の買い物もできるので応募しやすい懸賞になりますが、対象商品のドリンクのみ5000円以上になると応募数は激減します。

 
対象商品を「含む」か「のみ」かをチェック!

対象商品を「含む」か「のみ」かをチェック!こちらはメーカー対象商品のみ2500円以上の購入が必要

 
買い物をしたレシートを貼って応募するクローズド懸賞

対象商品を1品以上含む1000円以上のレシートであれば応募可能


高額なレシート懸賞の多くが「レシートは複数枚でも応募可能」としていますが、全てのレシートに対象商品が含んでいなければならないという条件付きがほとんどですから要注意です。さて、5000円以上のお買い物ですが、金額調整のために使える値の張るものといえば米や酒類があります。また、冷凍食品が安くなる曜日をねらってまとめ買いしたり、日持ちする商品をまとめ買いするなどもあります。また、お中元やお歳暮シーズンの買い物も、高額レシート懸賞の金額調整に使えます。

お中元、お歳暮の贈答品もキャンペーンを実施することもあるので、1回の買い物で数種の懸賞に応募できることになり、買い物が一層楽しくなることでしょう。ただし、応募の数が増えればパズルのような買い物になるため、一度紙に書き出し、整理してから買い物をすることをおすすめします。

この継続は“脳活”にもなり、さらに当選すれば、一石二鳥どころか何羽も美味しい当選になります。どのような当選になって戻ってくるか、ワクワクするものです。ドキドキは若返りにもいいですよね。
 

食品・日用品も一緒に精算できる店でお買い物!

とは言っても、5000円はなかなかのお買い物。スーパーでは、フロアが違うと精算するレジは別という店が一般的です。しかし、同じチェーン店のスーパーでも食料品と日用品、ときには衣料品etcも併せて同じレジで精算できる店舗があります。

そうなれば、より買い物もしやすくなり、レシート懸賞にたくさん応募できることになります。違うスーパーごとに懸賞に適した店舗かどうかを確認しておくことも当選を引き寄せるテクニックの一つです。

★第3回『スーパーとメーカーが共同で実施する「タイアップ懸賞」応募の注意点』はコチラ

【関連記事をチェック!】
懸賞達人・長場典子さんこと「ガバちゃん」の懸賞の当て方!


★ガバちゃんの連載は次回に続きます

執筆/懸賞ライター 長場典子(愛称:ガバちゃん)
 

 


懸賞歴30年のカリスマ懸賞達人。現在は懸賞主催者や懸賞達人への取材で全国を飛び回る、日本で唯一の懸賞ライターとして、月刊『懸賞なび』『クロスワードランド』の連載をはじめ、テレビや雑誌で幅広く活躍中。著書『ガバちゃんの懸賞入門』1400円+税 好評発売中

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。