銀行との付き合い方に注意が必要な理由とは?

社会人になると、銀行は「預金先」という存在だけではなく、「借入先」であったり、投資信託や保険商品の販売窓口等、預金以外にも様々な分野で銀行でお付き合いすることになります。

一般的に「給与振込口座」がメインバンクになることが多く、そこから家賃や水道光熱費等の引き落とし、定期預金や定期積立、車や住宅、教育ローンといった借入れ先になることが多いのではないでしょうか。更に、ローンを組む時にも、今までの銀行との付き合い方が、借入れの可否や金利に影響することがあります。どのような付き合い方をしていけば良いのかお伝えしましょう。
 

お金を借りるときに、信用情報の「審査」で初めて不安になる

普段何気なく利用している銀行でも、車や住宅・教育ローンといった借入れ先として銀行を利用する時、私達は銀行に「お金を貸しても毎月滞納なく返済してくれる人物だろうか?」と信用状況を「審査」されます。多くの人は、「審査」される時になって初めて、「審査に通るだろうか?」「そもそも、これまで自分のお金の使い方は間違っていなかっただろうか…?」と若干の不安を抱えるようになります。特に数千万円の借入れになる住宅ローンの審査ではローンの審査が通るのか?と心配する人が多くなります。

預金をする時は、そのような不安を抱えることは無いのに、「借りる」となると話は別で、あらためて銀行との付き合い方を考えるようになります。

会社員の場合、車や住宅・教育ローンといったライフプランに関わる借入れがメインになりますが、会社経営者は更に事業資金を借入れする機会が増えますので、銀行と上手に付き合い「信用」を築いていく必要があります。現在、会社員の場合でも今後「起業」を考えている方は、「信用を築く」事を意識して銀行と付き合っていきましょう。

賢い大人は知っておきたい「ローン」との付き合い方  
 

属性×実績=信用度

一般的にどのように「信用」をはかるのかというと、 年収、勤務先、勤続年数、借入状況、返済状況、自己資金、資産、担保評価、納税といった属性を「審査」されるわけです。 属性が高ければ高い程お金を借りやすく金利が低くなりますが、更に銀行とこれまでどのように付き合ってきたか?といった「取引実績」も加味されます。

新規の場合は「属性」でしか判断できませんが、これまでずっと利用していた銀行ならば多少の「取引実績」があるので、それらも考慮して判断されます。良い実績があればプラスに作用しますが、悪い実績があればマイナスに作用されます。「属性×実績=信用度」という公式です。

■「属性」とはどういうもの?
年収
勤務先…上場企業や公務員だと有利
勤続年数
借入状況…滞納の有無
自己資金、資産…貯蓄や資産は多ければ多い程有利
担保評価…担保価値が高いほど有利
納税…税金の滞納の有無

■一般的な「取引実績」とは?
普通預金、定期、積立等の預金額
これまでの借入れ状況
毎月滞りなく返済しているという事実
投信や保険の契約等

銀行からしてみれば、「利息」部分が利益になるわけなので、信用できて、安定収入がある人から長期間にわたり返済利息が入ってきた方が良いわけです。従って、過去の借入れした実績があり、それを毎月滞りなく返済してきたという事実や、毎月こつこつと積立預金をしていた実績は重要になります。

反対に、属性が高くても、過去に「他行に借り換えをした」という実績があれば銀行にとってはお金を貸してもすぐに裏切る人と思われ、審査に通らないということが起こり得ます。一時期、金利が下がり住宅ローンの借換えが流行った事がありましたが、「借換え」には今後融資を受けれないリスクが潜んでいる事を忘れてはいけません。
 

取引銀行を分散させる

銀行にも都市銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫、ゆうちょ、JA、ネット銀行といくつかの種類が存在し、役割も貸出し金利も変わってきます。

<一般的な銀行の特徴>
・都市銀行や地方大手銀行は審査は厳しいが金利は低い。
・信用金庫は地域密着型で親切丁寧。審査が少し緩くなる為、個人事業主や中小企業の経営者にとっては利用しやすく、その分金利が少し高くなる。
・勤務先に労働組合があれば「ろうきん」も便利。
・ネット銀行は店舗や人件費が負担が少ない分、預金利息が高く、貸出し金利は低くなる。

住宅ローンは都銀や地方大手銀行、事業用資金は信用金庫、預金はネット銀行というように、
給与口座をメインにして、種類の違う銀行3行位とお付き合いしていけば、万が一メインバンクに問題が起きても困りません。

実際には、勤務先の給与口座や住む場所などにより、その地域の銀行や郵貯など、3行以上の複数の銀行口座を持つようになりがちですが、普段利用するのは2~3行程度にしておくと管理もしやすくなります。預金額が1000万円以上と増えてきたら、銀行を変えてペイオフ対策を取りましょう。

銀行相手でも気持ち良くスムーズに、かつ「対等」に取引ができるように自分自身の信用度をコツコツと高めていき、自分と銀行と社会に対して「三方よし」となるような良いお金の使い方をしていく事、この事を忘れなければ、銀行と良いお付き合いができるようになるのではないでしょうか。

【関連記事をチェック】
賢い大人は知っておきたい「ローン」との付き合い方
家計に借金を組み入れる時に守るべきルールとは
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。