コスパ抜群!色々なシーンで使えるランズエンドのトートバッグ

「LANDSEND(ランズエンド)」のトートバッグ

「LANDSEND(ランズエンド)」のトートバッグ

プチ旅に出る時や、荷物が多めの日、アクティブなお出かけなどの場合、たっぷり入って出し入れが楽なトートバッグはやはり便利。私の場合は、一眼レフカメラやパソコンなどの重たいものを入れたり、ちょっとした旅行に活用します。

帆布製のバッグは実用本位の武骨なデザインが多いのですが、1963年に米国シカゴで生まれたブランド「LANDSEND(ランズエンド)」のトートバッグは、縁にラウンド処理が施してあり、少し女性らしさも感じさせます。何かと荷物が多いけれど、おしゃれに手を抜きたくないママさんにもオススメです!
 

内側の仕切りポケット、柔らかい持ち手も優秀!

内側に仕切りポケットが大サイズ1、中1、小2と、計4個

内側に仕切りポケットが大サイズ1、中1、小2と、計4個

ヨットマンが立ち上げたブランドだけに、素材の丈夫さは頼もしい。内側に仕切りポケットが大サイズ1、中1、小2と、計4個もついていて、小分け収納が楽。トートバッグにありがちな、物が見つからず、ガサゴソ探し続ける苦労はありません。キーストラップも付いています。

個人的に便利だなと思うのは、帽子や日傘などを出し入れしやすいところ。出先で脱いだときに、帽子はバッグに入りにくいし、入ったとしても取り出しにくいもの。でも、これなら生地がしっかりしていて、マチがへたれないから、出し入れも楽々です。
持ち手だけに柔らかい布を用いているから、重い荷物の日でも安心

持ち手だけに柔らかい布を用いているから、重い荷物の日でも安心

帆布トートは持ち手が硬くて、手が痛くなってしまうことがありますが、こちらは持ち手だけに柔らかい布を用いているから、重い荷物の日でも安心です。肩掛けも可能なので、ワインボトルを入れて旅やピクニックにも使いたくなります。

ザブザブ洗える帆布仕立てだから、ママさんはミルクや汚れ物も気にせず持ち運べます。
 

イニシャル刺繍サービスでオリジナリティをプラス

イニシャル刺繍は書体、モチーフのバリエーションが豊富

イニシャル刺繍は書体、モチーフのバリエーションが豊富

イニシャル刺繍のサービスも魅力的。書体、モチーフのバリエーションが豊富で、自分だけのデザインを選べます。

ランズエンドはオンラインだけでの販売だから、刺繍デザインを自宅でじっくり比較検討できるのも嬉しいところ。店頭では焦ってしまいがちですが、自宅ならのんびり自分のペースで決められます。

しかも、これだけそろってこのプライスは、はっきり言ってお値打ちのトートバッグです!

■DATA
ランズエンド・トート/ミディアム 

価格:3500円 (税別)

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。