アンクルパンツで細見え脚長、どの色を選ぶ?

アンクルパンツ

アクティブな気分で過ごしたいサマーシーズンに「アンクルパンツ」


足首がのぞく裾丈のアンクルパンツは自然と足取りが軽くなります。アクティブな気分で過ごしたいサマーシーズンにぴったり。レッグラインが強調され、足首が細く見えるのも、着こなしが重たく見えない点で強い味方。

今のポジティブなおしゃれ気分にマッチする鮮やかカラーを選べば、さらに元気感がパワーアップ。それぞれの色を活かすスタイリングのコツをつかんで、細見えと若々しさをダブルで手に入れましょう。


イエローのアンクルパンツ

イエローのアンクルパンツ

はくだけでビタミンチャージできそうな健康的な雰囲気 (c)Rie Miyata


サマールックに申し分ない明るいイエローのパンツ。フレッシュなイメージを印象づけ、はくだけでビタミンチャージできそうな健康的な雰囲気を呼び込んでくれます。トップスはTシャツで合わせるとカジュアルなムードになりますが、このように、ブルーのストライプ柄シャツで合わせれば、さわやかできれいめなムードが生まれます。

スタジャンを肩掛けして、スポーティーな味付けをプラス。メタリックシルバーのシューズで足元にインパクトを添えました。目を惹く靴は足首をさらに華奢に見せてくれます。カラーパンツの場合、シンプルにまとめがちになりますが、シャープなストライプシャツ、スポーティーなスタジャン、モードなメタリックシューズといった、それぞれ異なるテイストを取り入れると、逆にイエローが目立たなくなり、自然に溶け込んだスタイリングに仕上がります。


ピンクのアンクルパンツ

アンクルパンツ

甘さを控えたやさしいムードの「大人ピンク」に注目 (c)Rie Miyata


ピンクのパンツは子どもっぽく見えそう、と心配している人におすすめなのが、少しくすんだトーンを選ぶこと。いわゆる「大人ピンク」とも言えるスモーキーピンクは、甘さを控えたやさしいムードを醸し出す、まといやすい色です。パンツに迎えると、マニッシュとフェミニンが溶け合い、深みのあるテイストミックスを演出できます。

ピンクがフェミニンなムードを主張している分、男っぽさのシンボル的なバイクブランド「ハーレー・ダビッドソン」のTシャツで合わせました。さらに、カジュアルに寄せすぎないよう、細ベルトと白のレザーシューズできれいめにまとめています。黒や白などのモノトーン系で整えると、穏やかに落ちつきます。


グリーンのアンクルパンツ

アンクルパンツ

モスグリーン系で落ち着いたサファリ風な着こなしに (c)Rie Miyata


ナチュラル感を印象づけられるグリーン系はオントレンドの色。フェミニンすぎない中性的なムードも今の気分になじみます。デニムのブルーやチノパン定番カラーのベージュに比べると、落ち着いた雰囲気に誘います。濃いめのモスグリーン系であれば、腰から下が引き締まって映ります。

トーンをやわらげたグリーン系のシャツを合わせたサファリ風の着姿に整えました。カジュアルなパンツの風合いを引き立てるには、とろみ系の落ち感あるシフォン系のブラウスが効果的。ウエストにゆるくインして、袖はひじ上まで袖まくりしてヌケ感をプラス。バッグと靴でレディーの風情を添えているのもポイントです。


「買い」の3アイテム、それぞれのメリット

・イエローのアンクルパンツは、健康的でポジティブなムードに
・ピンクのアンクルパンツは、大人かわいく着こなせる
・グリーンのアンクルパンツは、ナチュラルで落ち着いた印象に


コンパクトな丈感が持ち味のアンクルパンツは、足首ゾーンが見せどころになります。色が目に飛び込んでくる分、レッグラインが強調されるので、靴選びも大切に。メタリックシルバーやホワイトの靴は意外にどんなカラーパンツとも相性がいいので、夏にかけておすすめです。それぞれの色を活かしたパンツから自分らしい1本を見つけてみては。


【関連記事】
賢いパンツの選び方をナビゲート!着回し上手の4型
デニムの「着こなし力」アップ こなれ感出す裏技
ウエストマークでほっそり見せコーデテク 5選
春スカート!フェミニン回帰に必須の3着
2018年春夏ファッションはこうなる トレンドの風向き

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。