賢く使い分けたい、春に「買い」のスカート3選

春スカート

フェミニン感が高まる「春スカート」に注目!


4月は年度替わりの時期なので、人事異動や担当換えが多く、新しい出会いもいっぱい。フェミニン感が高まる今シーズンは「春スカート」を取り入れて、ファッション面でも魅力的に印象づけたいところ。やさしげムードや、たおやかなイメージもまとえる春スカートは女性の特権。表情やシルエットが異なり、賢く使い分けられる「買い」のスカート3選をご紹介しましょう。

 

ギンガムチェックのサーキュラースカート

サーキュラースカート

サーキュラースカートでやわらかい着映えに


1枚の丸い(サーキュラー)布で仕立てるサーキュラースカートは裾がゆるやかに曲線を描くので、やわらかい着映えに仕上がります。布をたっぷり使ったボリューミーなタイプはドレープが利いてフェミニンなムードに。裾下にのぞく脚が細見えするのもうれしいところ。

量感が豊かな分、ウエストにインした場合、砂時計形の「フィット&フレア」シルエットが手に入ります。写真のようにトップスをウエストアウトしている場合、上からベルトでマークしてもOK。格子の細かいギンガムチェックは若々しさとレトロ感が同居。上品でクラシカルな雰囲気が漂うので、大人女性も取り入れやすくなっています。

 

ラッフル付きラップスカート

ラッフルラップスカート

ドラマティックなラッフルが優美なムードに


「くるむ(wrap)」という意味がある通り、ラップスカートはボディーに巻き付いて、エレガントな輪郭を描き出してくれます。シンプルなカットソーやシャツと組み合わせても、手抜きに見えません。

ドラマティックなラッフルが斜めに流れ落ち、優美なムードを醸し出しました。リボンベルトを使ってウエストマークすれば、めりはりの利いたシルエットに。カーキ系やベージュ系などの落ち着いた色を選べば、甘くなりすぎるのを避けられます。すっきりしたシャツを選び、色数を抑えて、お仕事ルックに生かす選択肢もありそうです。

 

スリット入りナロースカート

ナロースカート

スレンダーなレッグラインを印象づけてくれるナロースカート


出会いの増える春にまといたいのは、ほっそりイメージや知的なムード……細身のタイトなスカートはそんな雰囲気を兼ね備えています。落ち感のあるナロースカートは、スレンダーなレッグラインを印象づけてくれるから、人気の高いシルエットです。

無地の場合は、ボタンやジップなどでアイキャッチーに仕上げたデザインを選ぶと、退屈に見えにくくなります。スリットを開けたり閉じたりできるタイプは様々なシーンで使い分けられます。ハイウエストやオープントゥ・サンダルと組み合わせれば、さらに伸びやかな脚線をアピールできます。

 

「買い」の3アイテム、それぞれのメリット

・サーキュラースカートは、「フィット&フレア」の女性らしい体型をキープ
・ラップスカートは、「優美でエレガント」な大人のたたずまいに導く
・ナロースカートは、「ほっそりシルエットと知的ムード」を演出


ワイドパンツの流行から、街にパンツルックが増えた今、スカートは女っぽさを示す効果が強まっています。フェミニン回帰のトレンドにもマッチしたアイテムでしょう。

スカートにはそれぞれのシルエットごとに持ち味があるので、特徴をつかんだ上で使い分ければ、いろいろなキャラを演じ分けられます。狙い通りのイメージを押し出したい春にはうってつけです。

【関連記事】
スリットスカートで叶う「きれい脚」 爽やかな色気
賢いパンツの選び方をナビゲート!着回し上手の4型
コンバースのメタリック靴で旬な足元をつくる!
春に買いの3大アウター。選び方とコーデのコツは?
2018年春夏ファッションはこうなる トレンドの風向き

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。