12星座で占う! 双子座の人の性格や運勢は?

ふたご座の人の本当の性格は?12星座で占う性格診断

双子座の人の本当の性格は?

5月21日~6月21日、初夏の輝きの中で生まれたのが、双子座。神話によれば、ふたごの片割れは神の血を、もう半分は人間の血を引いていると言われています。神がかった一面と人間くさい一面、十二星座で唯一、二面性を持つ星座なのです。

双子座の基本的な性格

双子座の人は才能豊かな人!

双子座の人は才能豊かな人!

神々の血を引くと言われているだけあって、双子座生まれは、きらめく才気を発揮します。器用で呑み込みが早く、何を任せてもすぐにコツをつかみ、驚くような速さで形に仕上げてしまうでしょう。頭の回転が速く、博識で話題も豊富、社交性豊かで人を惹きつける魅力もタップリ。どこへ行っても一目置かれる存在になれるはず。

反面、努力らしい努力をせずに結果を出してしまうため、物事に執着がなく、壁にぶつかったり、苦しくなったりすると、すぐにイヤになって投げ出し、せっかくの才能や実力を慢心でダメにしてしまう恐れがあるようです。イメージは、早熟な天才。成功する条件は、生まれた時から持っています。あとは、どう活かすか、あなた次第です。

双子座の運命の流れ

双子座は、早熟な星座です。人生の早い段階、年齢でいえば、7歳から15歳くらいの間に、人格や性格、運命のベースが固まるのです。若き天才として名を馳せることも珍しくありません。

が、売れっ子子役が成人後に人気をキープするのが難しいように、マメに人生のギアチェンジをしていかないと、流れから振り落とされることに。もっとも多才で初動運があるため、その気になれば、何歳になっても、再出発が可能な強みもあります。

双子座の運命の活かし方

どんなに時代が変わっても、双子座生まれは、したたかに生き延びることが出来るでしょう。客観性が強く現実主義なので、時代のニーズに合わせて、生き方やポリシーも柔軟に変えることが出来るのです。変化に強いのが何よりの武器に。また、人とのつながりが、チャンスを運んできます。常に、新しい出会いを求めて!

双子座の恋愛&結婚運

双子座の人の恋愛運や結婚運は?

双子座の人の恋愛運や結婚運は?

神の血がストレートに働けば、恋多き人生を送ります。人懐っこく、甘え上手でいたずら好き、小悪魔的な魅力で、異性を翻弄するでしょう。一人に収まらず、複数の恋人を持つことも。結婚も早めで、同級生や同期の中で、一番乗りで家庭を持つかもしれません。既婚者になっても、甘い誘惑が絶えることがないモテ街道を歩みます。

でも、多くの場合、ちょっとしたすれ違いや失恋がきっかけで、万能感が消えてしまい、人間の血の作用がこじれて現われることに。素直に愛を信じられなくなり、疑ってかかってしまったり、終わった恋をいつまでも引きずって、いちいち比べて振りまくったりしそう。一生、おひとりさまでも構わないと開き直ってしまうかもしれません。

双子座の恋活&婚活

永遠の愛幻想を捨てましょう。人の気持ちは変わるものですから、“今”にフォーカスしていけばよいのです。今、つきあってみたいなら、そう伝えればいいし、今、結婚したいなら、プロポーズすればいいのです。先のことまで心配すると、いつまでも決断出来ないでしょう。また、10代は別として、大人になって客観性が強まると、大恋愛する可能性は、非常に低いのです。「大好き!」、「一緒にいたい」は、最上級の愛情表現と心得て。「面白い人」、「もっと話してみたい」といった好奇心も、恋愛にカウントして。自覚しているよりも、ずっと愛しています。

双子座の仕事&進路

双子座の人の仕事運や進路は?

双子座の人の仕事運や進路は?

一流の中で揉まれるよりも、二流、三流の中でスゴイ! とホメられ続けたい願望がネックです。上を目指せる才能や実力を持っているのに、ほどほどのところで手を打ってしまいやすいでしょう。天職は、センスやアイデアで勝負するクリエイティブなジャンルで、日々、変化が起こるマスコミや販売、話術や交渉力を生かせる仕事。また、副業を当てる運も持っているので、二足のわらじを履き、手応えを感じたら、乗り換えるのもオススメです。

『ウサギとカメ』の童話のように、序盤で差をつけ過ぎ、油断して、負けるはずのないライバルに抜かれるのが、双子座生まれのバッドパターンです。本来は、選ばれせし者、スペシャル枠です。誇りと自覚を持って、自分のやれる最善を尽くして! 仮に、勝負がついているように見えても、追い上げれば、奇跡が起こるはずです。

【関連記事】
星座で占う2018年運勢! 天王星の動きが運勢に影響する?
6月22日~7月22日の蟹座の人の基本的な性格は
≫≫占い記事一覧はコチラ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。