40代女性がチュニックコーデの着こなしでやりがちな落とし穴は?

気軽に着られるチュニックこそアラフォー女性は注意して選ぶべき

気軽に着られるチュニックこそアラフォー女性は注意して選ぶべき

体の変化が気になるアラフォー世代。ワンピースを一枚で着る……のは少し緊張するけれど、ヒップが隠れる長め丈のチュニックなら、体のラインも目立たないから安心! その上パンツを合わせられるので楽チン、とつい手に取ってしまう方も多いのではないでしょうか?

でも選び方を間違うと、一気に老け見え&ダサい人になってしまう要注意アイテムなんです! 品よくオシャレに見えるチュニックの選び方をご紹介します。
 

40代のチュニックコーデの条件!素敵に着こなせるチュニックとは

■カジュアルな素材なら、ストンと落ちるシルエットのもの
裾が広がるAラインは子供っぽくなるのでNG。ストンと落ちるものが◎

裾が広がるAラインは子供っぽくなるのでNG。ストンと落ちるものが◎

普段着として一番着られている、カジュアルなチュニック。ボーダーなどもよく見かけますよね。ここで一番気を付けたいのはシルエット。そのままストンと落ちる形ならヒップ周りもカバーしてくれてスッキリ見えますが、カジュアルな素材で裾が広がるAラインは子供っぽく見えるので避けて。特にボーダー×Aラインなどは、変に幼い雰囲気がアラフォー女性の雰囲気から浮いてしまい、オシャレ見えとは程遠い結果に……。

■首が詰まっているシンプルなデザイン タートルもOK
首が詰まっているデザインならきれいめをキープしつつ、抵抗なく着られる

首が詰まっているデザインならきれいめをキープしつつ、抵抗なく着られる

アラフォー世代の女性に確実に似合うのは、チュニックのゆるっとしたサイズ感が活きる、シンプルなデザイン。首の詰まったクルーネックやVネック、今の季節ならタートルもあたたかさをキープしてくれるのでオススメ。その時はボトムスから足元をスッキリ細めに仕上げると、きれいめカジュアルな印象に。パンツにも長め丈のスカートにも合うので買って良し!です。

■とろみ系などのドレッシーな素材
ソフトなとろみ素材や、サテンなど少し光沢のある素材ならドレッシーな印象になるので、お食事会などにも◎。ただし柄やレースが入っているとおばさんぽくなったり、やり過ぎ感が出るので、あくまでスマートで上品な印象をキープできる無地がオススメです。

■リネンやコットンなど、生地の風合いがメインなもの
素材を生かした良質なチュニックなら無印良品が狙い目

素材を生かした良質なチュニックなら無印良品が狙い目

風合いが特徴的な生地は、あえて風を含んで生地感を引き立てるよう、ゆるめ、かつシンプルなチュニックにデザインされていることが多いです。これらは生地がもともと良質なので高見えし、やりすぎないオシャレが似合うアラフォー世代にぴったり。

特に無印良品ではオーガニックコットンやガーゼ、リネンやヤクウールなど、素材を活かしたプチプラチュニックが一年を通して揃い、人気のようです。

■体が泳ぐ感じが女性らしい、シャツ風のデザイン
シャツならではのディテールやハリのある生地感でオシャレに見える

シャツならではのディテールやハリのある生地感でオシャレに見える

シャツ型のチュニックなら、襟や袖のディテールがハッキリしているためメリハリがつくので、多少ゆるっとしたシルエットでも大丈夫。体の泳ぐ感じが女性らしい印象になります。

ラフ過ぎず、いつものデニムを合わせるだけでも今っぽいきれいめカジュアルに仕上がるので、ぜひアラフォー女性におすすめしたいデザインです。
 

40代が買ってはダメなチュニックとは?ダサい&老け見えコーデに…

■首回りが開き過ぎているものはだらしなく見えてメリットなし
一時期オフショルダーが流行ったこともあり、襟ぐりが大きく開いたチュニックも出ていますが、アラフォー女性が着るとそのルーズさがだらしない印象に。重ね着前提の深いVネックならOKですが、それ以外はなるべく首が詰まったものが上品です。

スモックやエプロンを連想させる甘すぎなディテールは×
スモックやエプロンのような甘いレース系はNG

スモックやエプロンのような甘いレース系はNG

ギャザー、レース、フリル、シフォン、小花柄、ギンガムなどは、可愛いのでつい目が行きますが、アラフォー女性が着ると少々イタい感じに……。ぱっと見て「スモックっぽい」「エプロンっぽい」と感じたアイテムは、幼すぎることが多く似合わないので避けて。AラインもNGです。ポリエステルなどつるつるした素材も安っぽさを増長させてしまいます。

甘めなチュニックを着たいなら、真っ白よりはオフホワイトなどナチュラルな発色、ギャザー入りよりもロングシャツのようなスッキリしたデザイン、エアリーなシフォン系よりも洗いざらしたようなコットン素材、など引き算しながら選ぶのがコツ。デニムやスニーカーでカジュアルダウンするなど盛り過ぎない着こなしで、調整してみて下さい。
 

それダメ!ついやりがちなアラフォーのNGチュニックコーデ例

最後に、ついやりがちなNGコーデをご紹介します。

■チュニックの下にタートルをレイヤード
どうしても重ねたいときは同系色で重ねてないように見せて

どうしても重ねたいときは同系色で重ねてないように見せて

寒い時期に良く見かけますが、実は50代、60代の方にとっても多い着こなし。普通に着ると、肩のラインが丸くなるアラフォー世代では割烹着感が出てしまい、老け見えするのでNGです。

ただ、この重ね着は60年代風のレトロな雰囲気も持っています。どうしてもレイヤードしたいときは、同じ色でまとめる&ウエストマークで体のラインをはっきりさせ、あえてレトロさを楽しむならOKです。

■半端丈のチュニックにワイドパンツとペタンコ靴を合わせる
街で良く見かける着こなしですが、面積の大きいチュニックの裾から太いパンツが見えているのは、あえて脚を太く見せているようなもの。チュニックにペタンコ靴を合わせたいならパンツは細身を、ワイドパンツを合わせたいならヒールの靴&ベルトでウエストマークする、などメリハリをつけるよう意識してみるとバランス良くまとまります。

手軽に着られるチュニックこそ、バランスに気を付けてオシャレを楽しんで下さいね!以上「絶対ダサくならない!大人のチュニックコーデ」でした。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。