実は知らない? アラフォーカジュアルのコーデルール

大人カジュアルは少しずつアップデートしていくのが大事!

大人カジュアルは少しずつアップデートしていくのが大事!

毎日何気なく着つつも、これで合っているの?と疑問を持っている方が多いのが、アラフォー女性のカジュアルファッション。オフィスコーデのように明確なドレスコードもないカジュアルコーデは、つい若い頃の常識を引きずってしまいがち。でも素敵に見えるカジュアルと、イマイチに見えるカジュアルは確実にあります! 詳しくお伝えしていきます。

アラフォーカジュアルに必須なのは清潔感と抜け感

アラフォー女性を若々しく見せてくれるのは、断然大人カジュアル。ここで意識したい2つのキーワードは「清潔感」と「抜け感」です。これさえ押さえれば、女らしさもメンズライクなテイストも自由に楽しめます。アクティブで颯爽とした大人カジュアルコーデは、何歳になってもイキイキとした女性に見せてくれるので、メリットだらけなんです。

逆にNGなのは、ラフでだらしない印象のカジュアル。「清潔感」を意識的に取り入れることで回避できます。


もうひとつNGをあげると、カジュアルでもふわっとしたシルエットやAライン、レースや花柄などの甘めテイストはバランスが難しく、古臭く見えやすいので要注意(参照:アラフォーを老けさす…NGフェミニンファッション)。

歳を重ねると好きな物が決まってくるので、ついマイ定番ルールを決めがちですが、ファッションの旬は毎年変化していきます。特に大人カジュアルはシンプルな分、その今っぽさを意識することが大切。では具体的なアイテムについてご説明していきます。

白Tに代表されるカジュアルなトップスはきちんと感も同時に意識

永遠のカジュアル服、白Tシャツは年相応に上手に着ていきたいアイテム

永遠のカジュアル服、白Tシャツは年相応に上手に着ていきたいアイテム

Tシャツやカットソーなどのカジュアルなトップスは何歳になってもつい手に取ってしまうアイテム。楽チンでお洗濯もしやすいので重宝しますが、部屋着のように見えてしまうのは避けたいところ(参照:アラフォーが買ってはいけないプチプラ半袖Tシャツ)。

ボトムスやシューズをきれいめにして、あえてカジュアルなトップスを合わせているようなミックスコーデに仕上げるのが素敵に見せるコツです。足元できちんと感を作るのもポイント。少しだけ前をインしてメリハリを付けたり、若干丈が短めのクロップド丈を選ぶと、程よい大人カジュアルにまとまります(参照:脱・部屋着!オシャレ見えなアラフォー白Tコーデ2018)。

シャツ使いが上手な女性はアラフォーカジュアルを制する

フランス女性にも愛用者の多いシャツは自然な抜け感が作りやすいアイテム

フランス女性にも愛用者の多いシャツは自然な抜け感が作りやすいアイテム

アラフォー女性に積極的に取り入れてほしいのは、ずばりシャツ。部屋着っぽく見える心配もなく、コーデも簡単。襟などディテールが立っているので、下がデニムでもサマになります。パンツ類はもちろん、今なら長め丈のトレンドスカートと合わせても可愛い! ウエストは少しインしてシャツをコンパクトにまとめれば、最旬バランスの完成です。シャツは基本的にベーシックなので、シューズなど小物で遊びたいときにもおすすめ。

かっちり見せたい時は全部留め、ヘルシーに見せたい時は2つ開けるなど、ボタンの開け具合で着こなしの雰囲気を調整できるのも大きなメリット。今の時期なら薄手のコットンガーゼやリネン素材など、身体に沿う柔らかな素材を選べば、優し気な女性らしさも自然と手に入ります(参照:ユニクロのリネンシャツ、2018年買うべきカラーとサイズはこれ!)。

ただしシャツは例え定番の白シャツでも、全体のシルエットや襟の大きさなど、何年も前のものだと昔っぽく見えることも……。プチプラでもカットのきれいなシャツは多いので、アップデートすることも心がけてみて下さい。

アラフォーになったらトップスよりもボトムスにお金をかけて

歳を重ねて気になってくるのは断然下半身! ヒップや下腹部を自然にカバーしてくれる股上が深めのデザインや、脚のラインを拾わないハリのある生地感など、ボトムスは根気よく試着して、その時々に合ったものに更新していくのが大切です。
ベーシックさ、トレンド感、抜け感が絶妙な大人カジュアルundefined出典:WEAR

ベーシックさ、トレンド感、抜け感が絶妙な大人カジュアル 出典:WEAR

そして、パンツコーデで気を付けたいのが足元がもったりすること。抜け感が重要なので、シューズはあまり高さやボリュームのないものを選ぶのがおすすめ。春夏ならできるだけ足首を見せたり、足の甲が見えるようにまとめるのがバランス良く見せるコツです。いくら体型をカバーしたいからといって、脚のラインが出ないワイドパンツに、チュニックのような幅広トップスを合わせるのも太って見えるのでNGです。

またデニムやチノパンの場合、他をTシャツ&スニーカーにリュックなどカジュアルのみで固めたコーデはまるで中年男性のよう……。楽チンですがそれ以外のメリットがなく、オシャレ見えとしてはあまりおすすめできません(参照:アラフォー向け!春・夏デニムの正解コーデルール)。

2018年の旬スカートは断然長め丈!

この夏は長め丈がトレンドなのでスカートが苦手な方もトライしどきです

この夏は長め丈がトレンドなのでスカートが苦手な方もトライしどきです

この夏は、膝がしっかり隠れるぐらいの長め丈が旬。シルエットよりも丈感が重要です。露出が少ないので、大人の女性にとっても嬉しいトレンド。逆に、例えシンプルなブラックのスカートを持っていたとしても、膝が出る形だったり、今っぽくないものは避けて。夏は特に重ね着をしないシーズンで、トップス、ボトムスそれぞれが目立つので、スカート選びは慎重に(参照:【2018春夏】大人女性が履いてはいけないスカート!?)。

ウエストインはどうしても苦手……と言う場合はトップス対ボトムスが4対6ぐらいのアイテム同士を合わせると、自然にまとまります。

シューズやバッグなどの小物が安っぽいのは絶対ダメ!

レザー素材で美シルエットならTシャツ&デニムもグレードアップ

レザー素材で美シルエットならTシャツ&デニムもグレードアップ

大人になったら、シューズやバッグなどの小物類に安っぽいものはNG! バッグはまだ遊び心が発揮できるポイントなので、外しとして使う場合はOKですが、シューズが安っぽいと全体の雰囲気を損なってしまいます。

今はプチプラでも優秀なアイテムがたくさんあるので、素材などに気を付けて、今っぽいデザインで高見えする靴を楽しむのもひとつの手です(参照:大人がプチプラで買っていい靴VSダメな靴【春夏編】)。

トップスORボトムスがカジュアルならきれいめなシューズを合わせる、もしくはシューズがカジュアルならトップス、ボトムス両方をきれいめにするなど、20代の頃よりもきれいめな要素を多めに取り入れると、アラフォーカジュアルとして程よいバランスにまとまります。

またアラフォー女性のマナーとして、バッグやシューズが汚れていたりくたびれているのは問題外。末端がだらしないと全体的な清潔感を損なってしまうので、定期的なチェックも必須です。

コーデに悩んだ時も、清潔感と抜け感を意識するとすんなりまとまるので、是非実践してみて下さいね! 以上「脱・おばさん!素敵カジュアルの春夏コーデルール」でした。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。