SUVのカスタムカーが沢山登場したオートサロン

幕張メッセにて、1月12日(金)から14日(日)まで開催された「東京オートサロン2018」。日本が誇る世界最大級のカスタムカーイベントで、チューニングやドレスアップされた個性豊かな車が沢山展示され会場は熱気に包まれていました! 私自身「ランドクルーザー76」に乗っているという事もあり、気になったのはSUV。そこで今回は、モータージャーナリスト「矢田部明子」が注目する東京オートサロン、個性的にカスタマイズされたSUVをご紹介します。

TRD 「ハイラックス」:トヨタ直系のファクトリーが作った信頼性も魅力のカスタムSUV

2017年9月に販売され、人気を集めているハイラックス。そのハイラックスにTRD製キャノピーを装着することで、幅広くカーライフを楽しむことができるカスタムです。

2017年9月に販売され、人気を集めているハイラックス。そのハイラックスにTRD製キャノピーを装着することで、幅広くカーライフを楽しむことができるカスタムです。

キャノピーはレッドメタリック、ホワイト、ブラックのカラーバリエーションがあり、好みの組み合わせが可能です。

キャノピーはレッドメタリック、ホワイト、ブラックのカラーバリエーションがあり、好みの組み合わせが可能です。

ピックアップに乗っているとデッキの荷物の盗難や雨の日に荷物が濡れてしまうという心配がありますが、このTRD製キャノピーを装着すれば安心です。
※キャノピーは雨水等の浸入を完全に防ぐものではありません(テールゲートの隙間から水が入ります)。

TRDはトヨタ直系のレーシングファクトリーとして、あらゆる方向からレースを支えています。オフロードレースではアジアンクロスカントリーラリーにも参戦するなど、その技術は世界に誇れるものです。

≪カスタマイズされた車の購入≫
オートサロンに展示していた黒いクルマ(写真の車両)についている部品はすべて購入可能です。トヨタ販売店で車両購入時に部品を指定すれば装着された状態で納車されます(下記HPに掲載されているものは全て装着した状態で購入できます。価格はHP参照ください)。

≪店舗URL≫
www.trdparts.jp/hilux/index.html

リンエイ「ハイラックス」:4WDが得意なショップが作ったスタイリッシュなカスタムSUV

ハイラックスにキャンパーシェルを取り付け、前後バンパーの交換でトラックなのに4ランナー風にカスタムすることでスタイリッシュなイメージになっています。

ハイラックスにキャンパーシェルを取り付け、前後バンパーの交換でトラックなのに4ランナー風にカスタムすることでスタイリッシュなイメージになっています。

クリーンディーゼル試験もクリアしているのと、維持費が安いというのも魅力的。
オフロードコースにもしっかり対応できます。

オフロードコースにもしっかり対応できます。

リンエイは、ジープラングラー・ランドクルーザー・サーフ・プラドなど、4WD車に関するカスタムやメンテナンスが得意なショップです。特に、ラングラー系のハイクオリティーな部品のラインナップが豊富です。

≪カスタマイズされた車の購入≫
税込550万円と諸費用で購入が可能です(走行距離2000Km)。

≪店舗URL≫
www.rinei.co.jp/

RV-Park 梯子車「ハイラックスGT-Evo」:赤く塗られたハイラックスは、ユニコーンガンダムのシナンジュをイメージ!

なんと、アニメ『ユニコーンガンダム』に登場するモビルスーツ『シナンジュ』をイメージし、カスタムされた車体です。

なんと、アニメ『ユニコーンガンダム』に登場するモビルスーツ『シナンジュ』をイメージし、カスタムされた車体です。


SUV車で、アニメと関連されたカスタムを見たことがなかったのでとても新鮮でした。
私はガンダム好きでもあるので、胸が高鳴りました!

私はガンダム好きでもあるので、胸が高鳴りました!

ボディデザインに目が行きがちですが、車高を高くしているにも関わらず、走行性能を損なわずにカスタムされています。これでオフロードを1度走ってみたいです。

"4×4"専門ショップで、ラダーフレームを持つ本格4WDを中心とするカスタムショップです。RV-Parkにはオフロードコースも設置されオフロードコース初心者の方も気軽に楽しめます!

≪カスタマイズされた車の購入≫
カスタマイズを施した車両販売は行っておりません。販売した車両、もしくは、持ち込まれた車両に対し、お客様のご希望・ご要望に合わせてカスタマイズをしています。

≪店舗URL≫
www.gtoyota.com/rvpark/

トヨタ東京自動車大学校「ハイラックスサーフ」:エンジニアの卵達が制作した、大自然の中を走らせたいカスタムSUV

サーフをランクル風にカスタムしたというユニークな発想。

サーフをランクル風にカスタムしたというユニークな発想。

大自然の中を、より力強く駆け抜けるオリジナル・スタイルに仕上げたオフロードカーです。
なんと、フロントグリル部分は焼肉の網を使用しているのだとか。

なんと、フロントグリル部分は焼肉の網を使用しているのだとか。

未来のエンジニア達の夢の詰まった1台です。トヨタ東京自動車大学校は、「1級自動車科」および「1級専攻科」は、高難度故障診断(ハイテク)・環境問題・お客様応対・経営について最高レベルの知識・技術と教養を修得する学科です。卒業後は、トップ・サービスエンジニア、販売店の店長・幹部・役員、 トヨタ自動車本社での技術担当者・管理者など、自動車業界のリーダーを目指す学校です。

≪カスタマイズされた車の購入≫
カスタマイズを施した車両販売は行っておりません。

≪店舗URL≫
www.toyota-jaec.ac.jp/

宮城トヨタ「ランドクルーザー28JVA」:約60年前にアメリカ大陸を横断した伝説のSUVを当時の姿にレストア

昭和35年にアラスカからチリまでアメリカ大陸縦断『地球縦断』という壮挙を支えたランドクルーザーの実物が展示してありました。

昭和35年にアラスカからチリまでアメリカ大陸縦断『地球縦断』という壮挙を支えたランドクルーザーの実物が展示してありました。

歴史を残し伝えるために今回は、アメリカ大陸縦断の時に付いた傷やヘコミをそのまま残しレストアを行ったそうです。

歴史を残し伝えるために今回は、アメリカ大陸縦断の時に付いた傷やヘコミをそのまま残しレストアを行ったそうです。

このランドクルーザー1台には、色々な方の思いが詰まっているんだなと胸が熱くなりました。宮城トヨタは、 トヨタディーラーとしてランドクルーザーを扱うお店で、カスタマイズの相談にも乗っているそうです。

≪カスタマイズされた車の購入≫
カスタマイズを施した車両販売は行っておりません。

≪店舗URL≫
www.miyagi-toyota.co.jp 

ロードハウス「デリカ」:雪道やオフロードにより特化した、アウトドアに楽しみたい人向けのカスタムSUV

ファミリーに大人気のデリカ。雪道やオフロードなどのシビアコンディションも走行可能で、アウトドアを楽しむ人にも大人気です!

ファミリーに大人気のデリカ。雪道やオフロードなどのシビアコンディションも走行可能で、アウトドアを楽しむ人にも大人気です!

フロントガードの概念を覆したファイバープロテクションなど、発売してから10年が経過しているとは思えないほど、常に新鮮なスタイルを魅せてくれます。

ロードハウスは4WD/SUVカスタム専門店として、サスペンション、タイヤ、ホイール、オーバーフェンダーなどのエクステリアパーツ、マフラーなどスープアップパーツを販売、取付をしているショップです。また、画像のデリカのようなカスタマイズされた新車コンプリートカーの販売も行っており、新車コンプリートカーはお客様のご希望に合わせ様々なカスタマイズが可能です。

≪店舗URL≫
www.roadhouse.co.jp/

タイガーオート「JKラングラー」:ジープのカスタムが得意なショップが手がけた、ワイルドな仕上がりのカスタムSUV

JKラングラー・アンリミテッド・ルビコン。アメリカ本国のカスタムを意識し、パーツは最高のものを使い作り上げています。

JKラングラー・アンリミテッド・ルビコン。アメリカ本国のカスタムを意識し、パーツは最高のものを使い作り上げています。

足回りはコイルオーバーに変更し、直径1mの大きなタイヤをはき、それにあわせて車高を上げ安全に走れるように各部を補強、調整を施しています。
インテリアは黒を基調に、アクセントで赤いパーツが組み込まれています。

インテリアは黒を基調に、アクセントで赤いパーツが組み込まれています。

タイガーオートは、ジープを中心に4WD車の新車販売・カスタマイズを手掛ける専門店です。ジープの魅力を沢山の方に感じてもらえるように、独自の歴史を積み上げてきたショップです。
ロックスターのホイールはジープに相性抜群のデザイン。種類も豊富で性能も抜群です。

ロックスターのホイールはジープに相性抜群のデザイン。種類も豊富で性能も抜群です。

≪カスタマイズされた車の購入≫
カスタマイズを施した車両販売は行っておりません。

≪店舗URL≫
www.tigerauto.com/

ジャオス「ハイラックス(ラリー仕様)」:日常の使い勝手を大切に考え、本気で作った、ラリー仕様の特別カスタムSUV

国際的なクロスカントリーラリーに出場するために、ダンパーやブレーキ、補強面を強化し過酷な状況下でも走行が可能です。

国際的なクロスカントリーラリーに出場するために、ダンパーやブレーキ、補強面を強化し過酷な状況下でも走行が可能です。

より早く、より頑丈に安全にをモットーにカスタムされたハイラックスです。
アジアクロスカントリーラリーではドライバーを務めた、ジャオス開発部『能戸知徳さん』にインタビューさせて頂きました。

アジアクロスカントリーラリーではドライバーを務めた、ジャオス開発部『能戸知徳さん』にインタビューさせて頂きました。

「僕にとって運転はなくてはならないものです。利便性だけではなく、沢山の方に運転の楽しさを知って欲しいです!」

ジャオスは、日本での使用環境のなかで数%にも満たない極オフロードでの耐衝撃性や走破性よりも、日常で体感する心地よさやコンプライアンスを優先したいと考え、安心と愉しさを両立する「日常」を重視した商品づくりを目指しています。

≪カスタマイズされた車の購入≫
カスタマイズを施した車両販売は行っておりません。

≪店舗URL≫
www.jaos.co.jp/

≪製品情報≫
www.jaos.co.jp/product/

≪TEAM JAOS特設サイト≫
www.jaos.co.jp/contents/teamjaos/

「東京オートサロン2018」を終えて

毎年参加している『東京オートサロン・2018』。今回も卓越されたデザインの車が展示してありました。私は、SUV車をご紹介させて頂きましたが、スポーツカーなど他にも沢山の車種がありました。会場に足を運ばれた方は、お気に入りの1台が見つかったでしょうか?

今年参加できなかったという方は、是非、来年足を運んでみて下さい。

【関連記事】
東京オートサロンに登場した「ピンクのランクル」 その正体とは?
東京オートサロン2018コンパニオン特集・第1弾
東京オートサロン2018コンパニオン特集・第2弾
見逃すな!東京オートサロン2018の見所はコレだ
世界最大級のカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」が開幕
東京オートサロン2018で発表、「2018 BREEZE」はこの娘たち!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。