スウェットパンツの魅力は脱ぎたくなくなるほどの履き心地

「オシャレで楽チン」は大人の女性の強い味方

「オシャレで楽チン」は大人の女性の強い味方

今も昔も変わらぬ快適なルームウェアの定番、スウェットパンツ! 数年前から、外にも履いていけるおしゃれなスウェットパンツが出てきていますが、何も考えずに履いてしまうと、ただの部屋着になってしまうのが悩みどころ……。

そこで、この記事ではリラックスしたい休日に、オシャレも快適さも手に入れられる大人のスウェットパンツコーデをご紹介します。抑えるべきコツはたった2点のみ! ぜひ取り入れてみてください。

クオリティが高い上にプチプラでおすすめ!GUの1990円パンツ

肉厚でしっかりした生地とテーパード型で美脚シルエットに

肉厚でしっかりした生地とテーパード型で美脚シルエットに

コーデをご紹介する前に、スウェットパンツは欲しいけど、あまりお金をかけたくない……という人も納得のアイテムをGUで発見! 1990円というリーズナブルな値段ながら、大人の女性におすすめしたい魅力的なポイントを備えている優秀パンツなんです。

■生地
まずは生地が肉厚でしっかりしていること。生地がしっかりしていれば肉感を拾いにくいので、いろいろとカバーしたい大人の女性には重要なポイント。薄手のスウェットパンツは履いたり洗濯を繰り返すうちにあっという間に型崩れしてしまいます。

■デザイン
そして美脚に見えるテーパード型のシルエット。幅の広いゴムウエストできゅっと引き締めているので、ウエスト周りがだらっと見えないところが◎。スウェットパンツによくあるのですが、デザイン上だらしなく間延びした感じになりがちなフロント部分に、大きめなスクエアポケットを付けて街でも着られるようにシャープに仕上げています。

膝下はタイトフィットなシルエットで細身なので、足元がもたつく心配もなく、アンクル丈でシューズともバランスが取りやすいデザイン。大人女性の天敵「だらしなさ」のない、楽チンアイテムは本当に嬉しい限りです。

■色
スウェットパンツは「グレー」のイメージが強いですが、GUではブラックやネイビー、ホワイトなどそれ以外のベーシックカラーも揃っています。私のいちおし、写真のオリーブ色は、黄味が強くないカーキ色がかすれたような優しい発色でマイルドな印象に。オシャレ見えも叶うので、どうしてもついて回るパジャマ感を避けるためにも、グレー以外のパンツを選ぶのも選び方のコツです。

合わせるトップスは適度なきちんと感が重要

スウェットパンツは特徴のあるデザインなので、レイヤードには不向き。あれこれ重ね着をしてコーデするというよりも、何をトップスに選ぶかが重要です。分かりやすいようにトップスの色を「ホワイト」に統一して実例をご紹介します。
首が開いているものはパジャマ感がアップするのでNG

首が開いているものはパジャマ感がアップするのでNG

Tシャツを合わせる場合は、ジャストサイズで首が詰まっているものを選ぶのがオススメ。スウェットパンツはとことんカジュアルなボトムスなので、首が詰まったTシャツの方が、シューズやバッグ、アウターなどの他アイテムともバランスが取りやすく、街でも浮きません。首が開いているとどうしても部屋着や運動着のように見えてしまうので気を付けて。
クリーンなノースリーブなら間違いなくきれいめに仕上がります

クリーンなノースリーブなら間違いなくきれいめに仕上がります

きれいめアイテムの代表格、ノースリーブニットはスウェットパンツにピッタリ。同じホワイトのコットン素材よりもリッチな印象に仕上がり、これだけでもコーデが完成する相性の良さです。肌寒いときはそのままカーデやジャケットを羽織ってもしっくり来る取り入れやすさです。
ラフなシャツをサラッと合わせるのも大人ならではの抜け感

ラフなシャツをサラッと合わせるのも大人ならではの抜け感

コーデを考えなくてもいいほど相性が良いのが、シャツ。前を閉じてロールアップでバランスを取り、一枚でサラッと合わせるのがオススメ。海外のスナップでもよく見かける大人カジュアルな抜け感コーデに仕上がります。ストライプやドットなど柄物のシャツでも可愛い! シャツのもつ、かっちりとした雰囲気とスウェットパンツのスポーティーさで、反するテイストをミックスさせたオシャレを楽しめます。

大人のスウェットパンツコーデ、2つの鉄則とは

カジュアルなボトムスには適度なかっちり感が相性◎

カジュアルなボトムスには適度なかっちり感が相性◎

上記のコーデ実例を踏まえても、首元がルーズに開いていないかどうかは一番のチェックポイント。あえてのルーズさがウリのニットやカットソーはここでは避けた方が無難です。シャツや首が詰まっているもの、きれいめトップスがオススメ。
ヒールの高さよりもトゥのデザインが重要!

ヒールの高さよりもトゥのデザインが重要!

そしてもう一つ重要なのが、足元。フラットシューズでも構いませんが、トゥのデザインだけは注意するポイント。ポインテッドトゥなど全体的にシャープな印象のシューズを選んで下さい。この際、スニーカーは要注意! 足首が見えているカジュアルなボトムスにスニーカーを合わせると、下半身が詰まり、ずんぐりと見える可能性が高いので、あえてスポーティーなスタイルに仕上げたい場合以外は避けた方が無難です。パンプスやショートブーツはもちろんですが、楽なシューズを選びたいなら、スニーカーよりはフラットシューズやバレエシューズを。きれいめ、または上品に見える要素があるかどうかが決めポイントです。

一度履くと手放せない履き心地は、普段忙しい大人の女性の休日アイテムにぴったり。ぜひ秋コーデに取り入れてみて下さいね。以上「1990円のGUスウェットパンツで大人のオシャレコーデ」でした!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。