ユニクロと無印良品、プチプラのリネンシャツって何が違うの?

左の洗いざらし感が強いのがユニクロ、右側のキレイめな方が無印良品。どちらも人気商品です。

左の洗いざらし感が強いのがユニクロ、右のキレイめな方が無印良品。どちらも人気商品です

毎夏人気のアイテム、リネンシャツ。涼し気でナチュラルなリネン素材はやっぱり着たくなりますよね。このリネンシャツは夏の定番商品なだけに、プチプラでも名品が揃っています。なかでも2大人気なのが、無印良品とユニクロ!なのですが、この2つはそのシンプルさゆえ、ぱっと見ただけでは違いが分からないほど似ているんです。
左側が無印良品、右側がユニクロの白リネンシャツ

左側が無印良品、右側がユニクロの白リネンシャツ

写真はどちらもMサイズのホワイトの長袖リネンシャツ。比べてみると袖の長さも襟の大きさもあまり変わらず、白なのでほんのり透ける、というところまで同じ。だったらどっちが良いの?という方に、それぞれの「買い」ポイントを詳しくお伝えしていきます。

無印良品・ユニクロ、どちらも着心地は合格!

まずは、両者に共通にすることから。無印良品のリネンシャツは、正式名称「フレンチリネン洗いざらしシャツ」の名の通り、「フレンチリネンの風合いを生かしながら洗いをかけて、やわらかく仕上げた」のが特徴とされています。

一方、ユニクロのリネンシャツは「プレミアムリネンシャツ」と呼ばれていますが、その内容として「プレミアムリネンはフレンチリネンと総評される高品質なリネンを100%使用」と記載されているので、無印良品と同じような内容です。

低品質のリネンは着た瞬間からチクチクして着心地が悪く、場合によっては肌が荒れてしまうこともありますが、ユニクロと無印良品のリネンシャツではそういったことはありませんでした。

取り扱い注意事項として「アイロン時は当て布必須」という点も同じ。ただリネンシャツは洗いざらしたルーズな雰囲気が魅力なだけに、毎回アイロンをかけてきるのはちょっと面倒!?となると、洗濯後どういう状態になるか……気になるところ。パーツごとにお伝えしていきますね。

シャツの要、襟元&袖口のディテールを比較

シャツの印象を決定づける一番大事なポイントと言えば、襟元。人目に触れる袖口も同じぐらい重視したいディテールです。さっそくこの2点を比較してみましょう。
ユニクロは洗って乾かすとくたっとした感じに……アイロン必須なポイントです

ユニクロは洗って乾かすとくたっとした感じに……アイロン必須なポイントです

襟自体のサイズ感は数ミリ違うかもしれませんが、印象としてはほぼ同じ。ただ、ユニクロの襟元は洗うとくたっとした感じになります。カジュアルに着るならこのままでもOKですが、お仕事やきちんとしたイメージで着こなしたい場合はアイロン必須。
無印では素材の成分まで印字されているので、引っ掛からなくて着心地も◎

無印では素材の成分まで印字されているので、引っ掛からなくて着心地も◎

それに対し、無印良品のリネンシャツは洗って乾かした後も、比較的シワがよりにくく、そのままでも着られそう。襟も触ってみると、無印良品の方が若干厚みやハリ感を強く感じます。

もう一つ襟周りで特筆すべきは、無印良品のリネンシャツでは素材等の情報がすべて印字になっていること。素肌に直接着ると、タグがチクチクして気になる場合もあるので、この気遣いはポイントが高いです(ユニクロのリネンシャツは、他アイテム同様首元にタグが付いている)。
ユニクロの素材表示などは従来通りのタグ方式undefined

ユニクロの素材表示などは従来通りのタグ方式 

タグの話を続けると、ユニクロの素材表示等は、従来通りの方式で内側に替えボタンと一緒についています。
無印良品にかかれば替えボタンの位置もスタイリッシュ!

無印良品にかかれば替えボタンの位置もスタイリッシュ!

無印良品はタグ自体がないので、替えボタンはどこにあるのかと言うと、フロントボタンの裾にボタンホールのないボタンが2個付いています。替えボタンもデザインの一部にしてしまうスタイリッシュさはさすがです。
ユニクロはボタン一つ。その分柔らかくロールアップも楽々

ユニクロはボタンひとつ。その分柔らかくロールアップも楽々

そして袖口に関しては、ユニクロはボタンが1個のみなので、その分柔らかく、ロールアップも簡単にできます。一方で1個のボタンだけで支えているため、ボタン周りにシワが寄りやすいのは難点……。
無印良品はボタン2つ。きちんと見えるディテールならこちら。

無印良品はボタン2つ。きちんと見えるディテールならこちら。

無印良品では袖口と手首で計2個のボタンがつけられています。ホールド感があるので生地もペラペラすることはありません。ロールアップをあまりしない場合や、きちんと見せたい場合には無印良品がオススメです。

高見えするデザインやハリ感、型崩れしない点は無印良品の勝ち

リネンシャツでもある程度きちんと見せたいなら無印良品が◎

リネンシャツでもある程度きちんと見せたいなら無印良品が◎

胸ポケットは無印良品にしかないディテール。それに加え全体的にユニクロよりも少しハリ感が強いため、きちんと感もありますね。

ポケットがないリネンシャツは、シンプル過ぎてシワ感が目立ってしまい、キレイめにしたい時には不向きかもしれません。そう考えると、キレイめや上品なスタイルが多い、シャツの襟は整えて着る方が好み、アイロンをかけないでもなるべくキレイに着たい、という方には無印良品がオススメです。
ポケットがあるだけでデザインが引き締まり高見えします

ポケットがあるだけでデザインが引き締まり高見えします


SALEで無印良品の半額になる価格やカラバリではユニクロの勝ち

ポケット無しで洗いざらし感が楽しめるシンプルさならユニクロ

ポケットなしで洗いざらし感が楽しめるシンプルさならユニクロ

無印良品のリネンシャツは、今季ではオレンジなど明るめな色もあるようですが、毎年人気が高いのは「ホワイトとベージュ」! ベーシックカラーが人気のようです。
毎年人気を2分しているというベージュ(右側)は、リネンっぽさが全面に出ています

毎年人気を2分しているというベージュ(右側)は、リネンっぽさが全面に出ています

対してユニクロでは、毎年新色が出るなど、圧倒的なカラバリを誇ります。レモンイエローやシャーベットオレンジ、ラベンダーやピンクなど、夏ならではのキャンディーカラーも出ているので華やかなカジュアルを楽しみたい、という方にはユニクロがオススメ。

そして比較していくなかで一番大きな違いは、値段です。無印良品が定価3990円(税込)※なのに対し、ユニクロは2990円(税抜)。しかも、かなりの頻度で1990円に値下げされています。過去には1290円まで値下げされていたこともありました。タイミングさえあえば、無印良品で1枚買う値段で、ユニクロでは2枚購入できてしまうので、この違いは大きいです。

これらを踏まえて、明るい色も取り入れてカラーコーデを楽しみたい、Tシャツの延長上の感覚で羽織ったりカジュアルに着ることが多い、気に入っているので色違いで揃えたい、という方はユニクロがオススメです。

※2017年6月30日現在、サマーセールで無印良品は2793円に、ユニクロは1990円に値下げ中。


自分のスタイルに合わせてお好みの方を選んでみてくださいね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。