ポイントを交換できるプリペイドカードが増えている

新たに発行されたPolletカード(Pollet Visa Prepaid)

新たに発行されたPolletカード(Pollet Visa Prepaid)

2016年はプリペイドカードの発行が多い年でした。ドコモの「dカード プリペイド」やセレスの「POINT WALLET VISA PREPAID」、LINEの「LINE Payカード」などが誕生しています。2017年以降もプリペイドカード発行ブームは続き、新たに発行されたのが「Polletカード(Pollet Visa Prepaid)」です。

これらのプリペイドカードは、「LINE Payカード」はJCB、「dカード プリペイド」はMastercard、「POINT WALLET VISA PREPAID」や今回発行された「Polletカード」はVisaという国際ブランドがついたプリペイドカードです。

ポイント交換を国際ブランド付きのプリペイドカードにチャージするメリットは、何と言ってもポイントの使い勝手が良くなる点です。例えば、dポイントは提携店が増えてきましたが、まだまだ2万店舗程度でしかポイントを利用できません。しかし、dポイントをdカード プリペイドにチャージすれば世界中の約4000万のMastercard加盟店で利用できるようになります。

また、ポイントには有効期限が設けられていて、有効期限内に使わなければ失効しますが、プリペイドカードの場合は使い勝手が良くなるために、失効することは激減するでしょう。

足りない分はクレジットカードチャージ

ポイントをチャージした分を使ってしまった場合は、そのカードはどうすれば良いでしょうか? 残高が少なくなるとクレジットカードからチャージすることが可能です。

新たに発行された「Polletカード」はセディナ発行のクレジットカードでチャージする場合は、チャージ手数料は無料です。それ以外のクレジットカードの場合は300円の手数料がかかります。

手数料がかかったとしても、チャージ時には0.5%の増量があるため、6万円をチャージすると、6万300円分利用できるようになり、300円の手数料はプラスマイナスゼロになります。

1回のチャージ上限の50万円をチャージした場合を考えましょう。0.5%の上乗せがあるため、50万2500円分の利用が可能となります。楽天カードでチャージした場合は、手数料が300円ですから、実際には2200円のプラスです。さらに、5000円分の楽天スーパーポイントを獲得できますので、合計7200円分のプラス。還元率は1.44%まで上昇します。

プリペイドカードは使いにくいポイントを使いやすくするだけでなく、クレジットカードと組み合わせると、クレジットカードをさらにお得にすることができるツールとなるのです。

Polletカードのチャージ方法

Polletカードのチャージ方法


【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。