3万円で購入可能な高利回り金券株主優待銘柄!

今回は嬉しい金券株主優待銘柄!しかも3万円で購入可能な上、高利回り、好業績、株価も堅調な注目銘柄です!

今回は嬉しい金券株主優待銘柄!しかも3万円で購入可能な上、高利回り、好業績、株価も堅調な注目銘柄です!

ビーアールホールディングス(東証1部<1726>)は主に橋梁を中心としたプレストレストコンクリート工事を専門分野とする建設事業を手掛ける企業です。同社株式は16年10月に行われた1株につき2株の株式分割により、3万円以下で購入可能となっており、現金配当と株主優待(クオ・カード)を合わせた4.6%にもなります。2017年に注目できる高利回り金券優待銘柄と思います。

【銘柄データ】ビーアールホールディングス(東証1部<1726>)
【株主優待+現金配当予想利回り】 4.6%
【2017年1月20日株価】 274円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=2万7400円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 2.5円
【株主優待権利確定月】 3月末、9月末

【株主優待の内容】オリジナル クオ・カード
100株以上・・500円分
1,000株以上・・2,000円分
10,000株以上・・3,000円分


※今回は100株を購入し、クオ・カードを年間1000円分獲得したケースを想定しています。株主優待は1000円として評価し、株主優待利回りを計算しています。

受注環境好調&業績堅調!株価も長期的な上昇基調

国土強靭化の推進、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けたインフラの整備、高速道路大規模更新などで受注環境は良い状況が続いており、業績も堅調に推移しているところです。

17年3月期上半期の業績は売上が26.3%増の102億9200万円、純利益が3500万円(前年同期は3億4500万円の赤字)と好調。通期業績予想は売上が10.5%増の230億円、純利益が22.9%増の5億8000万円となっていますが、上半期までの売上伸び率や純利益を考えると、上振れる可能性も十分あると思います。

株価を長期的に俯瞰すると着実な上昇が続いているという印象です。また、株価は時折急騰することがありますので、株価が急騰するようなところでは一旦売却し、急騰しなければ株主優待を受けながら保有を続けるという考え方も出来ると思います。

参考:日本株通信


※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。