最高のスマートフォン提供を目指すソフトバンク

ソフトバンクモバイルは、2010年冬春モデルで他社と同様に一気にAndroid端末の数を増やしてきましたが、同社のこだわりは全機種でAndroid2.2を搭載したことです。常に他社よりも高性能な端末提供を掲げるソフトバンクらしい選択でもあります。

ソフトバンクがAndroidS2.2にこだわったのには理由があります。Android端末のOSは、1.6、2.1、2.2の3つのバージョンで提供されていますが、2.2とそれ以前のバージョンでは数字以上に大きな機能差があります。

2.2では、PCと同じFlash10.1に対応し、パソコンと同様にニコニコ動画のコメント機能などのFlashコンテンツを利用できます。また、アプリケーションを本体メモリでなく外部メモリストレージに待避させることで動作を快適化することもできます。そのほか、インストール済みアプリのアップデートを自動更新できるなど、使い勝手が大きく向上しています。


他社よりも最新を目指したための課題

Android2.2へのこだわりから国内より先に2.2対応した海外端末が中心のラインナップという結果になっています。その海外端末も日本向けカスタマイズに十分な時間がなかったケースもいくつか見られました。

また個性的な端末を揃えた反面、初心者や既存の携帯電話ユーザーが乗り換える端末として適しているかと言えば、少々疑問も残る結果となっています。


ガイドおすすめのソフトバンクのスマートフォン

GALAPAGOS SoftBank 003SH
シャープ製のGALAPAGOS SoftBank 003SHは、 3D写真と3Dムービーが楽しめるスマートフォン。3Dという最新のエンタテイメントを楽しめるだけでなく、おサイフケータイ、ワンセグといった機能もサポートしており、既存の携帯電話から乗り換えにも十分対応できる端末です。

ただ、おサイフケータイ、ワンセグだけの実用的な機能を望むユーザーにとっては、3D機能には多少なりとも違和感を覚えるかもしれません、

GALAPAGOS SoftBank 003SHは、現在おサイフケータイやワンセグを利用し、携帯電話からスマートフォンに移行しようと考えている人には第一の選択肢といえるでしょう。

GALAPAGOS SoftBank 003SH

GALAPAGOS SoftBank 003SH



HTC Desire SoftBank 001HT
HTC Desireは、動作速度、操作性など実用面での高いポテンシャルを誇る端末の一つです。HTC Desire SoftBank 001HTでは、手帳型最大となる4.3インチの液晶とドルビーモバイルを初めて搭載し、映像とサウンドを満喫できる端末となっています。

おサイフケータイやワンセグは搭載されていませんが、キビキビとした動作速度と快適な操作性、映像と音楽、インターネットなど、Android端末の醍醐味と存分に楽しみたい人には、おすすめの端末です。
HTC Desire SoftBank X001HT

HTC Desire SoftBank 001HT



Dell Sterak SoftBank 001DL
WebPadにもスマートフォンにも使えるのが、Dell Sterak SoftBank 001DLです。実際に使ってみると、意外に5インチというサイズは、持ち歩くにも仕事場や家庭で使うにも取り回しやすいサイズです。

また、5インチの大画面は、手帳型に比べると画面も見やすく、目にやさしいというメリットもあります。とくに小型端末はサイトの文字が見づらいという年配の方にとっては、使いやすい端末でしょう。
Dell Sterak SoftBank 001DL

Dell Sterak SoftBank 001DL



【関連サイト】
ソフトバンク スマートフォンシリーズ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。