株価調整中の今こそ買い!8%超利回りの株主優待銘柄

同社の株主優待は主力の雑貨はもちろん、同社が展開している大人のハンバーガーショップなどでも利用可能!

同社の株主優待は主力の雑貨はもちろん、同社が展開している大人のハンバーガーショップなどでも利用可能!

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション<2769>は「遊べる本屋」をキーワードに、書籍、SPICE(雑貨類)、ニューメディア(CD・DVD類)を複合的に販売する小売チェーンを展開している企業です。同社の株主優待は、2年以上継続保有の長期保有の優待制度を利用すれば、現金配当を合わせた利回りは8%超の高利回りとなります。

また、利回り以外でも、使いやすさが優れていると思います。同社の店舗数は16年2月末時点で544店舗ありますし、複合小売店だけでなく、本格的なアメリカンハンバーガーを提供する飲食店「ヴィレッジヴァンガードダイナー」や、食べるコトの楽しさを提案する食料品店である「HOME COMING」などでも利用可能です。

【銘柄データ】
ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(東証ジャスダック<2769>)
株主優待+(予想)今期現金配当利回り:8.8%(※2年以上継続保有の場合)

【2016年4月22日株価】 1,518円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=15万1800円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 14円
【株主優待権利確定月】 11月末


【株主優待の内容】
100株以上の保有で、同社の運営する各店舗で利用できるお買い物優待券を、保有期間に応じて下記のとおりもらえます。

1年未満保有 10,000円分
1年以上継続保有 11,000円分
2年以上継続保有 12,000円分

購入タイミング的には6月頃までが狙い目

その他で注目したいのは購入タイミングです。同社の株価は株主優待と現金配当の権利落ちにあたる11月末に向けて大きく上昇する傾向があります。2014年と2015年の株価の傾向を見てみると、株主優待が近づき始める7月ごろから株価が上昇しています。したがって、同社の購入タイミングとしては配当権利落ち後から6月頃までが狙い目と言えそうです。
同社の株価は7月から11月に向けて上昇していく傾向

同社の株価は7月から11月に向けて上昇していく傾向

なお、同社においては業績にやや注意が必要です。2016年5月期の業績予想は当初、営業利益と経常利益は黒字を見込んでいましたが、主に子会社の不振から、赤字の業績見通しに下方修正されました。もっとも、不振の子会社については不採算店舗の撤退など、経営再建に向けての取り組みを行っていますので、今後は回復する可能性もありますが、同社に投資を行う場合、業績発表は要注目です。

参考:日本株通信


※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。