ブラックリストで嫌な取引相手をシャットアウト

ネットオークションには不用品がお金に換わったり、家の中が片付いたりなどメリットも多いのですが、一方で嫌な思いをすることも無きにしも非ずです。たとえば、落札した後で一方的にキャンセルされたり、理不尽なクレームを受けたりする可能性もあります。そういったことがあると、この人とは二度と取引をしたくない!と思ってしまうのは正直なところでしょう。

そう感じたときにぜひ使ってほしいのが「ブラックリスト」です。ブラックリストとは登録したユーザーからの質問や入札を拒否できるシステムで、前もってトラブルを回避するためには有効な手段だといえます。ヤフオク!やモバオクなどで使うことができます。

ブラックリストに登録されるとどうなる?

ブラックリストに登録されると、商品への質問や入札ができなくなります。そのため、いくら欲しい商品が見つかっても落札することができなくなるというわけです。登録された相手は自分がブラックリストに登録されているかどうかは確認することができません。

ブラックリストにはどんな人を登録するべき?

出品者がブラックリストに登録するのは落札者がキャンセルしたときが一番多いです。それさえなければリストへの登録することは滅多にありません。

あとは定形外郵便で送ったときに商品が届かないなどのトラブルも考えられますが、これは発送方法を選択した落札者に非があるといえます。なのでこれに対してクレームをつけられた場合には、ブラックリストに登録するケースもあります。逆に考えれば、ごく普通の取引をしていればトラブルが起きる可能性は低いので、ブラックリストに登録することもほぼないということです。

また、自分では普通に取引をしていたと思っていても、ユーザーそれぞれ判断基準が違います。自分がちょっとしたことでブラックリストに登録されてしまう可能性がもあります。ただ、判断基準が全く違うユーザーとは取引しない方がいいと考えることもできるので、逆に「良かったな」と思っていた方がいいかもしれません。

ヤフオク!でのブラックリスト登録の仕方

では、実際にどうやって登録するのか説明していきましょう。ヤフオク!の場合はトップページ右上のある「オプション」をクリックします。

画像はヤフオク!より

画像はヤフオク!より


各種設定の「ブラックリスト」を押します。

画像はヤフオク!より

画像はヤフオク!より


ブラックリストに入れたいユーザーのIDを入力すれば登録ができます。
画像はヤフオク!より

画像はヤフオク!より



モバオクのブラックリスト登録の仕方

モバオクの場合には、まずは相手の自己紹介ページを開きます。そうすると、ページの下に「ブラックリスト登録」があるので、これをクリックすればOKです。

画像はモバオクより

画像はモバオクより



最大200人の登録が可能ですが、通常の取引をしていれば、これだけのユーザーをブラックリストに入れることはないかと思います。

ブラックリストに登録した人の商品への入札ができない

ヤフオク!の場合、ブラックリストに登録したユーザーの入札や質問を拒否することができますが、逆に登録した側も同じことができなくなるので注意が必要です。どうしても欲しい商品があっても、なぜか入札できない……。そんなときには、ブラックリストを確認するといいかもしれません。

IDで登録するので誰を登録したのか覚えるのは難しいこともあって、すっかり忘れていることもあります。そのため、ブラックリストは定期的にチェックをしておいが方がいいでしょう。ブラックリストから削除するときには、登録のときと同じようにページに進み、IDにチェックを入れた後で「ブラックリストから削除」を押せば完了です。

安全な取引のためのブラックリスト

私自身、最初の頃はブラックリストに特定のユーザーを登録するのに多少のためらいがありました。なんとなく、相手に悪いような気がしたからです。でも、ブラックリストはオークションにおける取引を円滑に、そして気持ちよく行うためのツールだと考えるようになってからは、自分を守るためにもしっかりと活用するようになりました。逆に、自分がブラックリストに登録されないように責任を持って取引をすることにつながると思うので、ぜひ活用してほしいと思います。


■関連記事
ネットオークションでトラブルを未然に防ぐ方法






【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。