ソリッドなストリートドラッガー

ハーレーダビッドソン FXDBC ストリートボブスペシャル(2016models)

ハーレーダビッドソン FXDBC ストリートボブスペシャル(2016models)


ハーレーダビッドソン2016年モデルの一角を担うニューモデル FXDBC ストリートボブスペシャル。エイプハンガーに流麗なシルエット、スポークホイールなどそのチョッパースタイルが人気のモデル FXDB ストリートボブをベースに、純正パーツで新たなスタイルへとカスタムされたスペシャルエディションモデルです。

左がベースモデルのFXDBストリートボブ。見比べると、ハンドル、シート、ホイール、ステップ位置などが異なることがわかる

左がベースモデルのFXDBストリートボブ。見比べると、ハンドル、シート、ホイール、ステップ位置などが異なることがわかる


ベースモデルと見比べると、「ハンドル」「シート」「ホイール」「ステップ位置」「ボディカラー」といった異なる特徴を持つボブスペシャル。目指したスタイルは、いわゆる「ストリートドラッガー」。アメリカで人気のモータースポーツ「ドラッグレース」に登場するドラッグマシンをインスパイアしたストリートバイクなのです。

ハーレーダビッドソン FXDBC ストリートボブスペシャル レフトビュー

ハーレーダビッドソン FXDBC ストリートボブスペシャル レフトビュー


とてつもないロングストレートコースでその直線スピードのみを競うドラッグレース。極端な言い方をすれば、「曲がらなくてもいい、真っ直ぐさえ速ければ」というロジックに基づいた競技で、オートバイとしての旋回性を司るハンドルやステップが独特のスタイルであることが大きな特徴です。

ドラッグバーにフォワードコントロールステップと、機能性を重視する国産モデルではまず考えられないディテールを持つ。こうした奇抜なスタイルを取り入れられるのもハーレーならでは

ドラッグバーにフォワードコントロールステップと、機能性を重視する国産モデルではまず考えられないディテールを持つ。こうした奇抜なスタイルを取り入れられるのもハーレーならでは


ほぼ一文字型のドラッグハンドルバー、そして両足を前方に突き出すフォワードコントロールステップと、実際に跨ると"くの字"の姿勢になるライディングポジション。一般的なオートバイと比べると、かなり異様な姿勢と言えます。ひとえにドラッグレーサーを意識したからこそのパーツチョイスとポジションで、ストップ&ゴーが多くクイックな動きが求められる日本の市街地には、不向きと言っていいスタイルでしょう。ある意味、アメリカらしいバイクなのです。

昨年モデルの色違い?

左側が昨年登場したFXDBBストリートボブスペシャル。見比べてみると、違いはグラフィックのみ

左側が昨年登場したFXDBBストリートボブスペシャル。見比べてみると、違いはグラフィックのみ


そんな限定モデルですが、実はほとんど同じモデルが2015年にもラインナップされていました。FXDBBストリートボブリミテッドという名で、ボブスペシャルと同じくスペシャルエディションモデルという位置付けでした。違いはグラフィックのみなので、カラーリングにこだわらないというのであれば、購入を検討される方は2015年のリミテッド中古車と比較してみるのもいいでしょう。

ハーレーダビッドソン FXDBC ストリートボブスペシャル フロントビュー / リアビュー

ハーレーダビッドソン FXDBC ストリートボブスペシャル フロントビュー / リアビュー


ベースモデルをより際立ったモデルへと高めたボブスペシャル。実際に試乗してみた印象と、このモデルをどうカスタムしたらカッコよくなるか?の2点について、次ページで検証してみたいと思います。

>> 次ページ これぞハーレー!? らしい乗り味が存分に楽しめる!