2016年4月には電力自由化が開始!ポイントも貯まる

東京電力の新料金プランでPontaポイントかTポイントを獲得できる

東京電力の新料金プランでPontaポイントかTポイントを獲得できる

2015年現在、東京で電気を使いたい場合は東京電力と契約、北海道で電気を使いたい場合は北海道電力と契約というように、電力については独占的な市場となっていました。

これが2016年4月には電力自由化が開始となり、契約する電力会社を選べるようになります。独占が終了するため、価格競争が始まり、今までよりも電気料金が安くなるという恩恵を受けられます。

しかし、実際は割引だけでなくポイントも獲得できるチャンスです。

既存電力会社も開始するポイント

2016年4月から東京電力の新しい料金プランに変更した方にポイントがつくようになります。消費者はTポイントPontaポイントを選ぶと、毎月の電気料金に対してポイントを獲得できます。

また、中部電力はWebサイトのコンテンツを利用することで貯めたカテエネポイントnanacoポイントWAONポイントユニコポイントに交換できるサービスを行っていました。このポイント交換先をdポイントミュースターポイントLuLuCaポイントえんてつポイントmanacaチャージ券など大幅に増やしています。

四国電力よんでんポイントを開始し、ポイント交換なども検討するようです。

新電力会社もポイント制度を発表

2016年4月にはENEOSでんき東急パワーサプライ丸紅新電力なども参入を発表しており、楽天大手通信会社も絡んできますので、まさに戦国時代となっています。

ENEOSでんきTポイントが貯まるサービスを開始したり、ANAカードエポスカードTS CUBIC CARDなどで電気料金を支払うとクレジットカードのポイントが2倍になるなどのサービスも開始します。

東急パワーサプライTOKYU CARD会員向けにポイントを付与すると発表していますので、新電力会社もポイントを活用してくるでしょう。

電力料金のポイントは自動的に貯まる

電力料金のポイントの魅力は、なんといっても自動的に貯まることでしょう。コンビニでポイントカードを提示しても、獲得できるのは数円分のポイントですが、電気料金は1ヶ月数千円~数万円。これに1%のポイントでも付くようになると、数十円~数百円のポイントを毎月獲得できるようになるのです。

今までポイントに興味なかった方も、自動的に貯まるポイントは確実におさえておきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。