所持金がゼロに近くても幸せ生活! お金がない時の楽しみ方

「給料日はまだなのに家計がピンチ! 手持ちの現金が少ない! どうしよう?」このようなことは誰でも経験があるのではないでしょうか。以前、私もATMで時間内に引き出すことを忘れていて手持ちの現金が200円……ということがありました。

休日だったので、お昼にラーメンを作ろうと思い買い物に行ったのですが、財布の中に200円しか入っていないと気が付きました(涙)しかし、200円あればカップラーメンは2個買えますが「カップラーメンは嫌!お鍋で作るラーメンがいい!」と言う子ども達、インスタントラーメンを見ると全て5袋入りなので200円では買えず……なんとなくこのままだと、「1杯のかけそば」のように悲しい食卓になってしまいそうです。

こんな時に選択肢としては

・クレジットカードで買う
・時間外手数料を払って預金を引き出す


などが考えられると思いますが、たかが数百円の買い物のためにお金を引き出したりクレジットカードを使うのは嫌です。もう1度商品棚を見回すと……ありました!
 

100円で買えるラーメン!

イメージ

棒ラーメンは節約のお供

「棒ラーメン」は乾麺とスープが2人前入ってお値段は当時約100円でした。ラーメンのトッピングに自宅にあったゆで卵とコーンとキャベツを添えれば立派なラーメンのでき上がり ! 棒ラーメンに助けられ、子ども達も満足なお昼ご飯になりました。

午後からは水筒を持参して近所の公園をサイクリングしたり、ボール遊びをしたりして楽しみました。
 

子どもたちにお金がないことを伝える

時間外でもコンビニでいつでもお金を引き出すことができ、クレジットカードで手元にお金が無くても買い物できる時代です。もっと言えばキャッシングなどの借入れも簡単にできます。つまりお金を準備することはとても簡単な時代です。

お金を「使う生活」より「使わない生活」の方が難しい時代です。しかし、200円でどう一日を乗り切ろうかと考えることはとても楽しい時間でした。そんな時にポイントとなるのは、子ども達に200円しかないことをしっかり伝えることです子ども達は「お金はある」と無意識に思っています。

なので親の財布事情も関係なく「あれが欲しい、これ買って」と言ってきます。200円しかない時にそのようなことを言われても親は困るだけですが、今の状況を等身大で伝えれば子ども達も無理なことは言いません

子ども達は遊びの天才なので、お金を使わずに遊べる術を親よりたくさん知っています。「お金を使わなくても楽しめることは何かな?」と子ども達に質問するとたくさんのアイデアを教えてくれます。「お金を使わないと楽しいことは無い」といった限定的な考えは、柔軟さを失った大人の考えだということに気付かされました。

出費がかさんだり、旅行などで高額支出のある前後は、このように時々、家族ぐるみでお金を使わない日々を過ごすことがあります。大好きなことにお金を使う分、どこかで支出をコントロールしなければ、家計はあっという間に破綻するでしょうし、子ども達の金銭感覚も狂ってしまいます。

家族の楽しみや幸せのためにお金を使いたいからこそ、無駄な支出は控えることを身に付ければやりくりや節約は決して苦痛ではありません。むしろメリハリがあるほうが、ギャップがあって楽しいものです。
 

お金を使わないことをゲーム感覚で楽しむ

無料イベントを探すと色々見つかるものです。フリーマーケットやバザー、動物園等の無料開放日なども設けられているかもしれません。お金を使わない日々は意外と新鮮で楽しいもの。お金を使わないで何日楽しめるか? などゲーム感覚で挑んでください。

家の中には使われずに放置されている以下のような物が沢山ありませんか。それらをフル活用して楽しんだり、現金化したりするのもいいのではないでしょうか? 整理整頓するきっかけにもなります。

・使い忘れていた商品券や割引券、残金がわずかに残っている電子マネー
・貯めただけで使っていないポイント
・食品庫の奥に眠っていた缶詰や乾麺
・夏の残りの花火
・売ればお金になる本やおもちゃ、服、電化製品等のリサイクル品
・使い忘れていた試供品
・買ったけど読み忘れていた本や雑誌
・買ったまま放置されていた健康器具
・滅多に出番のないキャンプ用品

 
手持ちのお金がゼロ円でも工夫次第で楽しく過ごせるのです

手持ちのお金がゼロ円でも工夫次第で楽しく過ごせるのです


お金が不足すると人は不安にかられますが、少ないお金でも生活する術や楽しむ術をたくさん持っていれば、お腹を満たすことも心の余裕をもつこともできますので、笑顔で生きることができます。

少ないお金で生活する術をもつことで、「どんな状況になっても大丈夫」といった自信もでてきます。これはその後どんなに豊かになっても、忘れてはいけない感覚ではないかと思っています。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。