夏場は水着姿の老若男女でにぎわう都心の遊園地や公園のプールが、オフシーズンは人気のルアーフィッシングにチャレンジできる管理釣り場に変身! そんな場所が年々増えています。

「釣りをやってみたいけど経験がない」「家族で行きたいけど慣れない山の中は心配」……そんな人に最適なのがこのプール型管理釣り場。元々がプールですから足場もよく、トイレも完備。

さらに最近ではレンタルタックルも充実していて、レッスンまでしてくれるところも!! そんなとっておきの釣り場をご紹介します


遊園地のプールで本格的ルアーフィッシング!

子供が釣りをしている様子

広大なプールがフィッシングエリアに!足場がいいから小さなお子さんでも安心して挑戦できる

豊島区の人気遊園地「としまえん」は、ここ数年プールエリアがシーズンオフには管理釣り場になっています。 その名も「としまえんフィッシングエリア」。

週末には大勢の釣り好きが訪れますが、女性や子供の姿が多いことに驚かされます。同エリアの管理人・皆川界さんによると「経験のない親子連れや女性同士でも気軽にチャレンジできるのが最大の魅力」と語ります。

園内のプールはそれぞれ「アマゾンエリア」「ナイアガラエリア」「ミシガンエリア」と名付けて分けられており、それぞれ釣りのタイプや放流されている魚の種類が違っており、好みに合わせた釣りが楽しめる作りになっているのが特徴です。

しかし、経験した人ならわかるように、魚はたくさん泳いでいるのにいざ釣ってみると、これがなかなか思うように釣れない……なんてことが多いのでは?

としまえんで釣れるおすすめルアー

これが秘密のとしまえん必殺ルアー。現地で購入可能

「当エリアでは、ルアー初心者の方には道具のセットのやり方、投げ方、ルアーの扱い方。全てスタッフが教えます。更に100%釣れるオリジナルルアーがございますので安心してください! “としまえんオリジナル・マ式”というルアーで、コレを使えば間違いなく釣れます」(皆川さん)

なんとも奇妙な名前のルアーですがここはひとつ信頼してみましょう。また、初心者で道具もまだそろっていない人なら、間に合わせでなにかを買ってしまうより、ここに来てレンタルタックルを使うのがおすすめだそう。

「いろいろなメーカーのタックルを用意していますので、実際に使ってみてフィーリングがあえばそれから手に入れても」(同上)とのことです。


どうしても釣りたいなら火曜日の午後と水曜日の午前を狙え!?

練馬サーモン

練馬サーモンと呼ばれる大型で赤身のニジマスは釣っても食べてもおすすめ

さらに皆川さんは、ベテランでも知りたいとっておきの攻略法も教えてくれました。

「毎週火曜日が週に一度の大量放流日になり、魚を600kg~800kg全エリアに放流致しますので、火曜日の午後か水曜日の午前中が一番釣れる時間帯になります。その日を狙ってきてもらえるとより一層いい思いができると思います」

放流日を狙えば確実に釣れる! これは火曜日か水曜になんとか都合をつけてでも行く価値がありそう。手ぶらでも楽しめるルアーフィッシング、ぜひトライしてみてください。

>>そのほかにも、おすすめのプール型釣り場はいくつもあります。