石川県内で白山比め神社と双璧をなす、縁結びのパワースポット

二の鳥居@気多大社

これは二の鳥居。一の鳥居は表参道を真っ直ぐ進んだ、海の傍に建っています。

龍の頭の形に似ていることから縁起がいいとされる能登半島。そのちょうど首の付け根の辺り、金沢から車で約1時間の距離にあるのが能登国一宮として名高い気多大社。

その名の通り、「氣」が多く集まる石川県屈指のパワースポットで、特に縁結びにご利益があり、ご縁を求めて県内外から女性を中心に参拝客が引きも切りません。

日本でここだけの縁結び専用の祈願所「気麗むすびどころ」があったり、年間を通して縁結び関連のイベントも盛り沢山。出会いを探している人も片思い中の人も、さらには復縁を願っている人も、恋する乙女は必見です!

御祭神の大己貴命(大国主命)は日本史上、最強の恋愛の神様

神門@気多大社

どっしりと迫力がある神門。注連縄も立派です。奥に見えるのは月次祭が行われる拝殿。

創建2000年、奈良時代にはすでに北陸の大社として朝廷にもその名が伝わり、かの万葉集にも越中国司に任命された大伴家持が参詣したときの歌が載っているほどの格式を誇る気多大社

御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、またの名を大国主神(おおくにぬしのかみ)で大国主神と言えば、出雲大社でもお馴染みの縁結びの神様。数多の困難を乗り越えて須勢理毘売命(すせりびめのみこと)と結ばれたエピソードが有名ですね。
縁結の道@気多大社

境内を取り囲むように伸びる縁結の道。両脇にはびっしりとすごい数の絵馬が掛けられています。

けれどその割には須勢理毘売命と結ばれた直後に八上比売(やがみひめ)とも結ばれたり、それどころか日本全国津々浦々にたくさんの現地妻がいて、彼女たちとの間に設けた子供は何と180人(柱)!つまり、大国主神は日本史上最強の恋愛神と言えるわけです。

毎月1日に行われる「ついたち結び」は早起きの価値あり!

拝殿@気多大社

ついたち結びが執り行われる拝殿。休日に重なると、この拝殿に入りきらないほどの人が集まることも。

そんな最強の恋愛神にあやかろうと、気多大社には恋愛成就を願って訪れる人が後を絶たず、晴れて願いが叶った人からのお礼状は今や5万通を超えるとか。特に毎月1日に行われる「ついたち結び」には全国から多くの女性が訪れ、熱心に祈りを捧げています。

「ついたち結び」とは拝殿で神楽をあげ、御祈祷をする月次祭のことで、笙や楽太鼓による雅楽に合わせて神主の方が参拝客の願いが込められた祝詞を読み上げ、巫女さんによる優雅な舞が舞われた後は玉串を奉納するというもの。
神庫&入らずの森@気多大社

拝殿の隣に位置する神庫。その横にある鳥居は入らずの森の入り口に建つ鳥居。

当日午前8時30分までに受付をした先着100人までなら誰でも無料で参加することができるので(しかもお持ち帰り用の御札付き!御札は自宅の好きな場所に置いておきます)、例え朝が苦手でも早起きして行く価値があるイベントです。

私も気多大社に参拝するなら、ぜひ「ついたち結び」に参加したいと眠い目を擦りながら行ってきましたが、神職の方による特別な御祈祷をしてもらえるというだけでなく、普段なかなか神楽や巫女舞を間近で目にする機会はないので、とても貴重な体験でした。
ついたち結びの案内板@気多大社

毎月1日に催されるついたち結びに加え、8月13、14日には心むすび大祭が執り行われます。

「ついたち結び」は1日が休日や祝日と重なった場合かなり混雑し、時には100人を超えることもあるので、なるべく早めの到着を心掛けましょう。夏休みや春休みなど、長期休暇の期間も注意が必要です。