「性欲解消」は別の方法で

自分らしさを追及し、趣味のバンド活動に没頭。恋愛やセックスはときどきあればいい。

自分らしさを追及し、趣味のバンド活動に没頭。恋愛やセックスはときどきあればいい。

もうひとり、息抜きとしてのセックスを堪能しているというのは、マリさん(42歳)だ。一時期は婚活に走ったが、40歳を機に「もう、ひとりでいい」と開き直ったという。

「なんのために結婚したいのかわからなくなっちゃって。契約社員だから老後が不安で焦っていたけど、結婚すればすべてが好転するとも限らない。自分の人生、もう一度見つめ直そうと思いました」

どうしても欲しいものを考えた。そして猫を飼った。焦っていた気持ちが薄れていくのを感じたそうだ。昔やっていたバンドを再開し、週末はスタジオで練習するのが、このうえなく楽しい。

「そうしたら、“あれ、私、恋愛なんてしなくても大丈夫だわ”って思って。結婚も恋愛も、実はそれほど必要なものではなかった。だけど、やっぱりたまに性欲に振り回されそうになる。そこで友だちに勧められた、性感マッサージを試してみたんです」

セックスはエステやネイルサロンと同じ?

彼女たちにとって、セックスはエステやネイルサロンと同じ?

ちなみに、彼女のいう女性向け性感マッサージは、実際の性行為はなく指でのサービスのみ。

「おかしな話なんですが、今までのどんなセックスより感じてしまったんですよね。もちろん、愛情のあるセックスは大事だと思うけど、これほど感じるなら、かえって後腐れなくていいわって思った」

それ以来、2~3ヶ月に1度、性感マッサージへと赴く。体をほぐすマッサージとまったく同じだとマリさんは割り切っている。

「独身の先輩に勧めたら、その先輩もハマっちゃって。独身女性に必要なのは、こうやって手軽に性欲を解消することなのかもね、と話しています。担当のマッサージ師さんによれば、顧客には70代女性もいるらしいので、まだまだ大丈夫」

恋愛とセックスを切り離すと、これほどまでに気が楽になるのかと、マリさんは目から鱗が落ちる思いだという。

「若いときは、彼のことが好きで夜も眠れない、なんてこともあったけど、この歳になると、恋愛にそれほど純粋な気持ちがなくなってくる。かといって、男友だちとセックスしたらあとが面倒だし、わざわざ一夜限りの相手を探すのも時間の無駄。だったら、ネイルサロンに行くように、性感マッサージへ行ってもいいんじゃないのかなと思っています」

女性たちの意識は、ものすごいスピードで変化している。息抜きセックス、性感マッサージなど、肉体的快感を得られればそれで満足。セックスは、デトックスみたいなもの。「バイブさえあればそれでいい」と言いきった女性もいる。

恋愛や結婚に過剰な期待を抱かず、独身を楽しむ女性たち。彼女たちような女性が増えれば、男女関係はまた変わっていくに違いない。

【関連記事】
セックスだけは外で満たす~レスで悶々としないために
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。