「自分がどんな本能に突き動かされているか」を知ろう

タイプによるベストな貯め方の違い

タイプによるベストな貯め方の違い

人によって心の習慣が異なるように、「有効なお金の貯め方」もそれぞれ異なるもの。貯金を成功させるには、自分に適した方法を知ることが大切です。パーソナリティ専門家の中嶋真澄さんがレクチャーする「3つの本能タイプ」から、自分にピッタリの貯め方をみつけましょう。

――“自分の性格に合った貯め方”を知るには、どんな方法があるのでしょうか?

中嶋真澄さん 私たちは、無意識のうちに本能的な欲求に突き動かされて行動しています。本能はその人らしさを形作る性格の土台となっているもので、1.自己保存本能2.性的本能3.社会的な本能の3つに分かれ、本来、誰もが持ち合わせているものです。ですが、“どの本能を満たすことを優先しているか”は、人それぞれ違います。この「自分のなかで優位になっている本能」を知ることで、個々人の行動を突き動かす心の習慣がわかり、その思考や行動、習慣に合わせた貯め方をみつけることができると思います。

――「3つの本能」タイプについて、詳しく教えてください。

中嶋さん まず、「自己保存本能」というのは、個体の生命維持に関わる本能であり、自分のテリトリーを守り、居場所を確保する巣作りの本能です。例えば、生きていくために必要な財産の確保、自分の身の回りを快適にすることを求めるといったものですね。この本能が優位な人は、安心安全を最優先に考えます。派手なことより地味なことを好み、行動範囲も狭い。一人の世界を大切にするマイペースな人ですね。

続いて、「性的本能」は、発情期のオスとメスが求め合うようなエネルギッシュな本能で、この本能が活性化している人はセクシャルタイプです。とはいえ、特に異性や性に関心が高いということより、好奇心が強く「強烈なことにひかれていく」人です。趣味や仕事、恋人など、何かに没頭しやすい情熱的な肉食派で、人間的に“濃い”印象を受けるタイプに多いですね。

3つめの「社会的な本能」というのは、群れをつくる本能です。本来動物の多くは、単独行動よりも、群れで暮らしますよね。そのほうが、生き残れる確率が高くなりますから。人間もまた、昔から集落を作って生活し、そのなかでは、個人がそれぞれ役割を果たすことで、集団に守られてきました。ですから、「社会的な本能」が強い人というのは、なんらかの組織やグループに所属し、その一員であることで、安心や安全を得ようとする傾向が強いソーシャルなタイプです。人とのつながりやお付き合いを重視し、社会性が発達しています。友人の数は多いのですが、濃密な付き合いは好みません。広く浅くの交友関係を望む人です。

★自分の本能タイプを知るチェックテストで判定してみましょう!

教えてくれたのは……
中嶋真澄さん
 
undefined

 

パーソナリティ研究家、作家・詩人。エニアグラムアソシエイツ主宰。関西学院大学文学部大学院修士課程(哲学専攻) 修了。書籍、雑誌やネットの執筆活動のほか、性格タイプに関する独自の研究に取り組み、自己理解・対人関係改善などをテーマにしたワークショップも行う。その他、東洋的な占いを習得、易占・手相鑑定・人生相談なども行っている。著書に、『ドキッとするほどホンネがわかる ひみつの心理テスト』、『面白すぎて時間を忘れる心理テスト』など多数。テレビ・雑誌などでの心理テスト作成・出演も行うほか、iPhoneアプリ・電子書籍もリリース。最新刊は 『どうしてあの人たちは「つながり」たいのか? 本能タイプでわかる!上手な人とのつきあい方』

取材・文/西尾英子
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。