世界屈指のゴージャスさ! ザ・リッツ・カールトン・カンクン

世界トップクラスのゴージャスホテル、ザ・リッツ・カールトン・カンクン

世界トップクラスのゴージャスホテル、ザ・リッツ・カールトン・カンクン

ロビーに入った瞬間、異次元へ。高級感あふれるインテリア

ロビーに入った瞬間、異次元へ。高級感あふれるインテリア

ラテンアメリカを代表する一流ホテル、ザ・リッツ・カールトン・カンクン。AAA(アメリカ自動車連盟)が1997年にダイヤモンドの数によるホテル評価制度を開始して以来、最高峰のファイブダイヤモンド賞を毎年受賞しているホテルでもあります。ホテルとその中にある2軒のレストランが、それぞれファイブダイヤモンドを受賞していることから、3つのファイブダイヤモンドを有する世界唯一のリゾートホテルなのです。2010年でオープンから17年目を迎え、すっかりカンクンの顔。その信頼感から日本人観光客にも人気があります。

カンクンのホテルゾーンの中心に位置し、2つのショッピングセンターが徒歩圏内なうえに、ダウンタウンへも車で20分ほどの距離なので便利。ロビーに入った瞬間から、もう異次元です。大理石の床、シャンデリア、見事に生けられた花といったデコレーションに彩られた、ヨーロッパ風の格調高い豪華な雰囲気に圧倒されます。まるでどこかの国のお城に来てしまったかのよう。

 

王様気分の客室

シックな客室内からは、まばゆいばかりに美しいカリブ海が見える

シックな客室内からは、まばゆいばかりに美しいカリブ海が見える

全365室がオーシャンビューという客室内はシックな家具や、落ち着いたトーンの色合いでそろえられた壁紙、ふかふかのじゅうたん、品のいい絵画など、趣味のいいインテリアでまとめられています。ベッドの寝心地も最高でバスルームは広々。王様気分でリラックスでき、日頃の疲れもふっとびそう。

メキシコ国内トップクラスのレストラン

素敵なロケーションのレストラン、カシータ。パラパのなかでロマンティックディナーを

素敵なロケーションのレストラン、カシータス。パラパのなかでロマンティックディナーを

レストラン、クラブグリル

レストラン、ザ・クラブ・グリル

ホテル内のブリティッシュスタイルの“ザ・クラブ・グリル”と地中海料理の“ファンティーノ”の2つのレストランが、AAAファイブ・ダイヤモンドを、 またメキシコの国の栄誉賞を受賞。メキシコ国内のレストランで、ファイブ・ダイヤモンドの称号を与えられたレストランはわずか5件ですが、その うち2つのレストランが、このホテルにあるのです。

 
レストラン、ファンティーノ

レストラン、ファンティーノ

ビーチに建てられたパラパ(海沿いにある藁葺きの小さな小屋)形式の個室で食事できる“カシータス”では、オーガンジーの布で包まれたパラパのなかで、ろうそくの明かりに照らされ、潮騒の音を聴きながらのディナーが楽しめます。地元の海の幸をふんだんに使った料理を堪能。前菜としてエビのタコス、メインに魚のソテーとを注文しましたが、添えられた数種類のサルサ(ソース)も複雑で洗練された味。ロマンティックな雰囲気のなかで、とても美味しくいただきました。

ちなみに、このホテルの朝食ビュッフェも好評。コンチネンタルタイプですが、豊富なメニューのなかには、みそ汁やご飯、卵焼き、焼き魚といった日本食もあるので、異国の料理に疲れた胃にはありがたい。また新鮮な素材を使った寿司バーもあり、人気があります。

 

スパとアクティビティ

マヤ文化様式のエキゾチックスパでデトックス!

マヤ文化様式のエキゾチックスパでデトックス!

一流シェフが講師のクッキングクラス

一流シェフが講師のクッキングクラス

スパではメキシコ先住民文化マヤの様式を採りいれた、独自のマッサージもあります。温めておいた石を体にのせてリラックス効果を高めたり、アロマオイルに薬草成分が入ったもので指圧したり、お風呂にサボテンの果肉から採れる美肌エキスや花を入れたものなどもあり、神秘的なスパでデトックス効果がありそう。

数あるアクティビティのなかでも、注目したいのがホテル内レストランの一流シェフを講師に迎えた、クッキングクラス。専用のキッチンスタジオで、楽しみながら料理を作るというもの。宿泊客向けのクッキングクラスは、今では多くのメキシコのホテルで行われているそうですが、このホテルはそのはしりだとか。ともかくファイブ・ダイアモンドを受賞しているレストランのシェフに直接料理を教えてもらえる機会は、そうないので大好評だそうです。

 

リッツならではの一流のサービス

リピーターが多いのも居心地がいいから。宿泊客の多くが一日中ホテル内でゆったり過ごす

リピーターが多いのも居心地がいいから。宿泊客の多くが一日中ホテル内でゆったり過ごす

コンシェルジュの吉村徳子さん

コンシェルジュの吉村徳子さん

日本人コンシェルジュが2名常駐しているのも、このホテルが日本人に人気の理由。勤めて8年になる東海千春さんと、6年になる吉村徳子さん。勤務年数も長く、カンクンが心から好きな二人が、旅のアドバイスをしてくれるので、安心です。吉村さんは国際的に最も権威のあるコンシェルジュ団体、レ・クレドール=金の鍵の会員。メキシコのホテルで初めて金の鍵会員に選ばれた日本人というわけなんです。

吉村さんや東海さんをはじめ、このホテルは優しくきめ細かなサービスを提供できるスタッフばかりですが、勤務年数の長いスタッフがほとんどだそう。

あるウェイターの男性に訊ねたら、「私は5 年以上働いていますが、同僚はほとんど長期勤務。一度辞めても、またここに戻ってくる人が多いんです。このホテルのスタッフであることに誇りをもっている人ばかりなんですよ」という答えが返ってきました。

スタッフが気持ちよく働けるのは信頼の証。皆に末永く愛される一流ホテルの秘訣はそこにあると感じました。

<DATA>
The Ritz-Carlton Cancun(ザ・リッ ツ・カールトン・カンクン)
住所:Retorno del Rey #36, Zona Hotelera, Cancun, Quintana Roo
アクセス:カンクン空港から車で25分。
TEL:998-881-0808
料金: 279アメリカドル~

取材協力/写真提供 ザ・リッツ・カールトン・カンクン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。