ノーブランドの子ども服は「まとめ売り」がオススメ

ノーブランドの子ども服は「まとめ売り」がオススメ

人気商品「まとめ売り」

ネットオークションやネットフリマでけっこう人気なのが「まとめ売り」です。買う側からすれば、数が必要な商品を一気に安くゲットできるし、しかも送料も1回分ですむというメリットがあります。出品側にとっては、もともと安い商品なので送料を考えると1個ではなかなか買い手がつかないけれど、まとめればお得感が出て落札(購入)してもらえる可能性が高まります。たとえば、ユニクロの服はもともと安いので、1着だとなかなか買い手がつきません。でも、まとめ売りをするとけっこう売れてしまう。そんな経験を私自身もしています。


タイトルに総額を入れる

ただ、まとめ売り商品をさらに高く売るためには、やっぱり工夫が必要です。まずはタイトルには、必ず「まとめ売り」というキーワードを入れましょう。理由は簡単で、「まとめ売り」で検索している人がけっこういるので、検索ワードとして重要だからです。

それから、商品の総額がわかるのであれば、それをタイトルに入れるのも効果的です。たとえば化粧品のセットを出品するとしましょう。普通に買ったら15,000円するならば、「15,000円相当」という言葉をタイトルに入れるのです。

この商品が気になっているユーザーは、「そもそもこれっていくらなの?」と思っているはずです。その数字から、実際にいくらまでならお金を出してもいいかを決めるからです。それが半額なのか、それとも3割引きなのかは人それぞれですが、まずは基準になる価格が絶対に必要になります。それを一瞬で伝えることができるのがタイトルなのです。

まとめ売り商品を探しているユーザーは、タイトルで総額を見て、スタート価格を見て、その上で商品をクリックするか決めます。大切な情報は、一番見やすいところに表示する、これが鉄則なのです。


中古の場合でも金額を入れる

新品の商品の場合には総額がわかりやすいのですが、中古はどうなのでしょうか。これは、買ったときの値段を参考にすればいいと思います。たとえば1,500円のユニクロのポロシャツを3枚セットで売る場合、「4,500円で購入」というイメージです。

当然ながら、商品説明では中古であることを明記します。それを加味して、入札金額を決めるのが落札する側なので、出品者は参考価格を提示すればいいというわけです。


サイズをそろえる

まとめ売りをするときのポイントとしては、サイズをそろえることがあります。特に洋服の場合は、MやLでまとめましょう。これは子供服の場合も同じです。ただ、子供服の場合には、130~140のようにサイズをまたいでも大丈夫です。子どもの成長を考えると多少大きくてもOKなママさんが多いからです。


雰囲気が似た商品でまとめる

もう1点重要なのが、雰囲気が似た商品でまとめるということです。自分におきかえて考えるとわかりやすいかもしれませんが、けっこう似た雰囲気の服や小物をもっていませんか?人には好みがあるので、そこから思いっきり外れるようなモノを買うことは、あまりないのです。ということは、服でも小物でも雑貨でも、似たような感じのモノでまとめた方が買い手がつきやすいということになるのです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。