黄金のパゴダにユニークな神様…不思議なパワーが宿るミャンマーへ

チャウッターヂー・パゴダ

全長70m、高さ17mの巨大寝仏 チャウッターヂー・パゴダは優雅な表情が印象的

日本からのアクセスは、全日空が成田空港からヤンゴンへの直行便を運航しており、所要時間は約8時間。ヤンゴン以外への都市へ到着する場合はアジア各国の空港で乗り継いで入国することも可能です。日本との時差はマイナス2時間30分。最大の都市ヤンゴンは黄金の巨大寺院シュエダゴン・パゴダがあり、参拝しながら丸1日楽しめます。時間に余裕のある方はバゴーやピイのほうへ足を伸ばしてみるのもおすすめです。

旅行中の限られた時間の中で、観光ルートや交通手段まですべて自分で考えて手配するのは意外と大変。慣れていない場所ならなおさらです。そこで頼りになるのが、その土地のことに関してはプロフェッショナルな現地のガイドさん! 見どころを凝縮した1日観光などのプランもあり、寺院や文化の説明付きで案内してもらえるので、より深くミャンマーを感じることができるでしょう。特に初めての観光地を訪れる際は、オプショナルツアーをぜひご活用ください。

ディープなミャンマーに迫る おすすめオプショナルツアー


かつてはビルマという呼称だったミャンマー。今回は、2006年にネーピードーに遷都されるまでは首都として栄えていた、ミャンマー最大の都市ヤンゴン近郊のツアーをご紹介。世界遺産や独特な仏像が鎮座する寺院など、見どころ満載です。

■はじめてのミャンマーなら、まずはヤンゴン近郊観光ツアーへ
チャイプーン・パゴダ

バゴーのチャイプーン・パゴダにある高さ30mの柱の4面に建造された四面仏像

ミャンマーと言えば、ユニークな仏像。優雅な微笑みの寝仏や四面仏、ど派手な電飾に彩られた仏像などがあり、ヤンゴン近郊にはそれらが祀られたきらびやかなパゴダ(仏塔)が数多く点在します。日本語ガイド付きのオプショナルツアーなら定番の見どころをしっかり押さえながらじっくりと楽しみましょう。ミャンマー式の参拝方法を習得してスマートにパゴダを巡りましょう。

 
■必ず見ておきたい!ミャンマーの聖地ゴールデンロックと世界遺産
ゴールデンロック

危うい様子で鎮座する、今にも転がり落ちそうな神秘の岩 ゴールデンロック

ヤンゴン近郊のチャイティーヨー山頂、標高1101mにある不思議な黄金の巨岩、ゴールデンロック。その不安定さにはハラハラさせられますが、落ちない理由は仏塔の中に納められているお釈迦様の髪の毛がバランスを保っているのだとか。ミャンマー初の世界遺産タイエーキッタヤーには、メガネをかけた仏像があり、目の病気にご利益があると言われています。厳選した2大観光名所を盛り込んだツアーがおすすめです。


■ミャンマーの伝統と文化を体験
ミャンマーの伝統舞踊

ミャンマーの伝統舞踊を見ながらビュッフェを楽しむこともできます

実は占い大国ミャンマー。ミャンマー占いで重要な生まれた曜日を占い師さんに調べてもらい、恋愛や仕事など今抱えている悩み事を相談してみましょう。ミャンマースタイルのアドバイスがいただけます。内容は日本語ガイドさんが丁寧に説明してくれるので安心です。伝統的な民族舞踊も優雅で魅力的。ショーを鑑賞しながらのディナーツアーも思い出になります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。