数少ない400ccアドベンチャーモデル 400X


ホンダは2013年にニューファンダメンタルというコンセプトを打ち立て、フレームやエンジンを共通としつつ異なるジャンルのバイクを3台リリースしました。

ネイキッドスタイルのCB400F、レーシングレプリカスタイルのCBR400R、そしてアドベンチャースタイルの400Xです。

最近はジャンルを掛け合わせたモデルが多くなっていますが、とりわけオフロードの要素を加えたアドベンチャーモデルは増えてきている印象を受けます。

しかしアドベンチャーモデルの多くは大排気量に多く、400Xリリース当時は400cc以下の普通免許で乗れるモデルは400X以外にはありませんでした。

排気量が大きくなれば車重が重くなるため、オンもオフも走るアドベンチャーモデルといわれても実際には用途はツーリングメインになってしまいます。

そうなってくると400ccのアドベンチャーモデル400Xは非常に希少な存在なのでは?と思いますが、タイヤは普通のロードタイヤで足回りもCB400FやCBR400Rとほとんど変わらないため、見た目はアドベンチャーですがアドベンチャーモデルというには少々装備は物足りない印象があります。

中途半端な印象であることと、アドベンチャーモデル自体がレーシングレプリカスタイルやネイキッドスタイルに比べるとユーザーが少ないこともあり、他の二台に比べると400Xの販売台数は伸び悩んでいます。

しかし販売台数と車輌が秘めた性能が比例するとは限りません。今回も一週間キッチリ通勤で使って試乗インプレッションをお届けします。

まずは400Xと他の二台の違いをチェック

400X フロントビュー

400X フロントビュー


フレームやエンジンを共通とする三台は数字上のスペックはほとんどが共通ですが、400Xのみフロントフォークのキャスター角が異なり他の二台が25°30′。400Xは25°55′です。キャスター角は直進安定性やコーナリング時などのハンドルの切れなどに影響しますが、ほとんど数字上の違いはありません。

またシート高が他の二台が785mmなのに対して400Xは795mmあります。アドベンチャーモデルはシート高が高い車輌が多いのですが、400Xに関してはアドベンチャーバイクとしてはシート高が低めです。また車体が細いので数値以上に足つきは良く感じます。

ハンドル形状はCBR400Rがセパレートハンドル、CB400Fがほぼ一文字のハンドルを装備していますが、400Xはポジションに余裕があるアップライトハンドルが採用されています。

ガソリンタンク容量は他の二台が15Lなのに対して、400Xは2L多い17Lです。燃費の良いエンジンを搭載しているため、2Lの差は連続航行距離に大きな差をつけます。

こうしてみると他の二台と比べて細かいところが違う400Xですが、実際に試乗してみると乗り味はどんな感じなのか?次のページでお伝えします。