韓国の電圧事情

変換プラグや電圧機を利用すれば日本の電子機器も安全に使えますよ!

変換プラグや電圧機を利用すれば日本の電子機器も安全に使えますよ!

スマートフォンにデジタルカメラなど、電子機器はもはや海外旅行の必需品。でも日本製品が海外でもそのまま使えるか心配ですね。ガイドも以前海外旅行に持参したドライヤーが電圧に負けてショートしてしまった経験があり、それ以来慎重になるようになりました。

日本の電圧は100Vで差込口はAタイプで統一されています。韓国は一般的に220V(一部110Vもあり)で、差込口はCタイプSEタイプの2種あります。電圧も差込口の形状も異なる韓国で、日本から持参した電子機器を韓使う場合はどうしたらいいでしょうか。まず自分が所有する機器の対応電圧が、日本国内でのみの使用を前提に作られた100V限定のものなのか、あるいは海外でも使用可能な100~240Vまで対応できる製品なのかを確認してください。アダプター部分に対応電圧の範囲が表記されています。

韓国で機器を安全に使うために

持参した電子機器が海外対応可能(100~240V)なものであれば、差込口を現地の形状に合わせることができる変換プラグを利用すれば使えるようになります。 ホテルで貸し出しを行っているところも多いので宿泊先の備品をあらかじめホームページで確認するか、メールなどでプラグの形状が何タイプであるか問い合わせをしておくといいですね。もし貸し出しを行っていない場合でも、日本の家電専門店や空港のトラベルグッズを扱う店などで200~400円前後で購入できます。

 

ホテルでレンタルできるならば、こちらも便利な道具です。手持ちの電子機器に対応している変圧器があるかどうか事前にご確認を!

ホテルでレンタルできるならば、こちらも便利な道具です。日本の電子機器を持参することを伝え、宿泊先に貸し出しの有無を確認してみてください

100Vの日本国内対応タイプのものは変圧器が必要です。変圧器は手持ちの電子機器のプラグを機械に差し込むことにより、日本の電圧から海外の電圧に変換できる機械です。 ただし、重くて小型アイロンぐらいの大きさがあるので、海外旅行に持参するには不向き。海外からの観光客が多いホテルなどでは貸し出しを行っているところが多いので、事前に確認してみてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。