衣替えでは、サイズアウトした子供服が大量に出てくることもザラ!

衣替えでは、サイズアウトした子供服が大量に出てくることもザラ!

そろそろ衣替えをする時期。ということは、オークションに出品する洋服などが出てくるタイミングでもありますね。特に子供服は、1年たつとサイズアウトしてしまう事もざら。私も子供がいるので、衣替えのシーズンは出品物が増えてきます。そこで子供服だからこその出品のポイントをまとめてみたいと思います。


基本的ワザ「セット売り」

数が必要だということで、私の場合、子供服はノーブランドだったり、ユニクロやGUなど手頃な価格のモノを選ぶことが多くなります。そうすると、そもそも新品の値段が安いから、中古になると売れないのでは?と思うかもしれませんが、実はここにワザあり!「セット売り」です。たとえばユニクロは、1着だけで売ろうと思ってもなかなか難しいモノが多いと思います。オークションの場合、送料がかかるからですね。でも、シャツが3枚とか、ジーパンが2着などセットになっていたらどうでしょう。送料を考えてもお得感が出てくるので、グンと売りやすくなります。

セット売りのときに気をつけるのは、サイズを同じにすることです。130なら130でまとめるというわけです。場合によっては130と140のようになってもいいのですが、サイズに大きなばらつきを作らないのがポイントになります。


名札の跡のチェック

小学生の子供は学校で名札をつけていると思います。そうすると、胸のあたりに安全ピンの穴があくことがありますよね。これについてもダメージということで明記しておいた方がいいでしょう。仮にあまり目立たないとしても、「名札をつけていました」と一言書いておくと無難です。


名前が書いてあるか

内側についているネームタグ。何も書いてなければ、商品説明に書く必要はない

内側についているネームタグ。何も書いてなければ、商品説明に書く必要はない

案外見落としがちなのがネームタグ。ここに名前が書いてあるときも、「ネームタグに名前があります」と書いておくといいでしょう。ネームタグの名前もダメージといえばダメージなのですが、写真を掲載するのはNG。出品している時点で、子供の名前という個人情報を出すのはオススメできません。


ポケットの中も確認

出品するとき、あるいは発送する前には、ポケットの中も確認しておきます。私も経験があるのですが、ズボンのポケットからカチカチになったティッシュが出てきたことがあります。あとは飴が入っていた袋とか、けっこうゴミが入っているのでは?

ポケットつながりで言うと、商品説明にポケットの有無を書いておくのもポイントのひとつです。子供はハンカチなどを入ることが多いので、ポケットがないとけっこう不便なんですね。スカートやズボンの場合には、ハンカチなどを入れてウエスト部分でとめる小さなポシェットは売っていますが、ワンピースになるとポシェットをとめることができません。なので、私はワンピースを落札しようと思うときには、ポケットがあるかどうか質問することもあります。


売りやすいサイトを選ぶ

子供服を入りやすいサイトで売ることもけっこう大切です。たとえばヤフオク!の場合には、出品数が多く規模が大きいのは最大のメリットですが、逆に競争率は上がります。一方、モバオクは、ヤフオク!に比べると規模は小さいのですが、その分目につきやすくなるのです。しかもモバオクのユーザーは女性が多いので、子供服を選ぶお母さんがたくさんいます。そういったサイトの特徴をうまく使って子供服を出品すれば、売ったお金で新しい服を買えるかもしれまえんね。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。