新たなパパサンアールの歴史が始まる

奥が2013年以前のグラフィック。がらっと印象が変わった

奥が2013年以前のグラフィック。がらっと印象が変わった

デビューから10年強、ついに大幅なグラフィックチェンジを行なったXL883R。こちらの写真を見れば一目瞭然、色の違いこそあれど、レーシングスピリットを感じさせつつもシンプルなグラフィックにまとめられました。HARLEY-DAVIDSONのロゴもやや大きくなっていて、これは近年のモデルによく見られる傾向です。

スポーツスター XL883R フロントビュー & リアビュー

スポーツスター XL883R フロントビュー & リアビュー

スイッチボックスがやや小振りになり、ブレーキキャリパーのデザインが変わるなど細かな変更点はいくつかありますが、パパサンアールとしての基本的なスタイルは以前のまま。本来のレーシングスタイルやちょっとダートな感じがするスクランブラースタイルなど、スポーツバイクらしいカスタムを狙う人にオススメの一台です。

他モデルにないパパサンアールだけのメリット

エンジンのカラーリング違いは、スポーツスターだけで4バージョンある。ここも車両選びのキモになるか……?

エンジンのカラーリング違いは、スポーツスターだけで4バージョンある。ここも車両選びのキモになるか……?

XL883Rだけのメリットを順にご説明すると、まずはブラックパウダーコートのエンジンでしょう。現スポーツスターモデルを見ても4バージョンのカラーリングに分かれており、とりわけブラック仕様かクロームメッキ仕様のいずれかで好みが分かれるところ。ダークカスタムを目指したい人には、同じブラックパウダーコートのXL883RとXL883Nがオススメです。

今やダブルディスク仕様のモデルはXL883Rのみ

今やダブルディスク仕様のモデルはXL883Rのみ

そしてパパサンアール最大のメリットがこちら、フロントブレーキ部分がダブルディスク仕様であること。ご覧のようにホイールの左右にふたつのブレーキシステムが備わっているのです。このパパサンアール以外のスポーツスターは片側のみのシングルディスク仕様で、ブレーキング能力の差はあきらか。別のモデルを購入してからフロントをダブルディスク仕様にすると、二桁万円の費用が必要になります。最初からダブルディスクでハーレー中で最安値というのは、出血大サービスもののメリットと言えます。

XL883Nアイアンと比べてもハンドルバーの幅が広い

XL883Nアイアンと比べてもハンドルバーの幅が広い

幅広のハンドルバーもXL883Rの特徴。スタンダードなXL883Nアイアンのものと比べても、違いは歴然。往年のレーサースタイルをインスパイアしたがゆえのサイズ感とされます。ハンドルバーに関してはボルトオンで交換可能なので、自分のポジションに合ったものを選ばれるといいでしょう。

テールランプ一体型ウインカーを備えるXL883Nアイアンに対し、XL883Rはクラシカルなスタイルを貫く

テールランプ一体型ウインカーを備えるXL883Nアイアンに対し、XL883Rはクラシカルなスタイルを貫く

リアエンドの違いも大きな特徴。近年のハーレーモデルに多いのが、写真右側のテールランプ一体型ウインカー。ウインカー内にテールランプが内蔵され、その分リアの印象をすっきりさせられるハーレーらしい考え方のシステムですが、XL883Rはクラシカルスタイルを貫く意味で、これまでのテールランプ付きフェンダーを用いています。端的に言えば好み次第、この部位に対してどんなカスタムのイメージを持っているかで、選び方も変わってくるでしょう。

スポーツスター XL883R スタイリング

スポーツスター XL883R スタイリング

よりオートバイらしいオートバイが求められつつある近年、再び注目を集めているXL883R。スポーツスターのなかで最安値のオーソドックスモデルなので、そのまま乗り回すのはもちろん、カスタムベースモデルとしても、これほど最適なモデルはないでしょう。


[HARLEY-DAVIDSON XL883R SPECIFICATIONS]
HARLEY-DAVIDSON Sportster XL883R

HARLEY-DAVIDSON Sportster XL883R

全長/2,245mm
全幅/935mm
全高/1,150mm
ホイールベース/1,520mm
加重時シート高/760mm
車両重量/264kg
エンジン型式/Air-cooled, Evolution
排気量/883cc
フュエルタンク容量/12.5L
フロントタイヤ/100/90B19 M/C 57H
リアタイヤ/150/80B16 M/C 77H
メーカー希望小売価格(消費税込)/[モノトーン]103万円 [ツートーン]105万2000円
(2015年5月現在)

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。