サムスンより、Galaxyシリーズの最新機種Galaxy S6とGalaxy S6 edgeがリリースされました。どちらもGalaxyシリーズの最新機能を搭載していますが、edgeはディスプレイの両サイドがラウンドする特徴的なデザインとなっています。

Galaxy S6 edge(上部)とGalaxy S6(下部)

Galaxy S6 edge(上部)とGalaxy S6(下部)


今回は両機の違いを写真にて紹介しながら、どちらの端末がおすすめなのか検証していきます。

スペック比較

まずスペックとしては、以下の点が共通となります。

■共通点
  • ディスプレイ:約5.1インチ
  • カメラ:約1600万画素
  • OS:Android 5.0
  • CPU:オクタコア(クアッドコア2.1GHz+クアッドコア1.5GHz)
  • 内蔵メモリ:RAM3GB、ROM32GB

相違点としては以下になります。

■相違点
  • バッテリー容量:2550mAh(S6)、2600mAh(edge)
  • 重量:約138g(S6)、約132g(edge)
  • サイズ(高さ):約143mm(S6)、約142mm(edge)
  • サイズ(厚さ):約6.8mm(S6)、約7.0mm(edge)
  • 内蔵メモリ:RAM3GB(共通)、ROM32GB(S6)、ROM64GB(edge)

外観の違い

外観の違いを写真にて紹介します。

左がGalaxy S6、右がGalaxy S6 edge。ディスプレイサイズは同じですが、エッジスクリーンのため、edgeの方がコンパクトに感じます。

左がGalaxy S6、右がGalaxy S6 edge。ディスプレイサイズは同じですが、エッジスクリーンのため、edgeの方がコンパクトに感じます。


サイド部分の比較。S6は右サイドにSIMスロットがありますが、edgeは本体上部となります。エッジスクリーンでサイドが薄くなっているため、SIMスロットの位置が違う仕様になったと思われます。

サイド部分の比較。S6は右サイドにSIMスロットがありますが、edgeは本体上部となります。エッジスクリーンでサイドが薄くなっているため、SIMスロットの位置が違う仕様になったと思われます。


ベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」の結果。ほぼ同じ数字となりました。

ベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」の結果。ほぼ同じ数字となりました。

 

視認性や操作感の違い

まず視認性ですが、S6 edgeは特徴的なエッジウィンドウの採用により、ベゼルレスに近く感じ、ディスプレイサイズが、実際より大きく感じる効果がありました。サイドのベゼルの面積が小さいほど、ディスプレイの迫力が増します。

その視認性と相反して、操作感としては、両サイドを指で持った場合、edgeはどうしても誤動作が多くなります。サイドの尖った部分を持っている分には誤動作はしないのですが、ディスプレイ部分を触りやすいため、思わぬ動作をしてしまう場合があります。そのような動作がどうしても多い場合は、ケースを付けるなどの対策をした方が良いでしょう。

エッジスクリーン機能

edgeならではの機能が搭載されています。写真でご紹介します。

Edge Lighting機能。端末を伏せた状態で、着信や通知を受信すると、エッジスクリーンが点灯します。

Edge Lighting機能。端末を伏せた状態で、着信や通知を受信すると、エッジスクリーンが点灯します。


People edge機能。登録したユーザーの未読通知などを確認できます。

People edge機能。登録したユーザーの未読通知などを確認できます。


情報ストリーム機能。メイン画面がオフのときに、エッジスクリーンにニュースや天気などを表示します。

情報ストリーム機能。メイン画面がオフのときに、エッジスクリーンにニュースや天気などを表示します。


ナイトクロック機能。メイン画面がオフのときに、エッジスクリーンに時計が表示されます。

ナイトクロック機能。メイン画面がオフのときに、エッジスクリーンに時計が表示されます。


新機能を使いこなせれば、edgeの方が大きなアドバンテージとなります。ただ、このedgeの新機能は、現在のところ日常生活で必須と感じないため、edgeのアドバンテージはデザイン的な部分が多くを占めると思われます。

Galaxy S6とGalaxy S6 edgeという、ほぼ同機能のフラッグシップ機が同時期に発売されるのは、非常に珍しいことです。ユーザーは店頭などで操作感を確かめて、選択をしてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。