ゲームから映画、マンガへと
大掛かりなメディアミックスを見せる「零」シリーズ

劇場版 零 ゼロ

「劇場版 零 ゼロ」公式サイト

コーエーテクモゲームスが世界に誇る和風ホラーゲーム、「零」シリーズ。2001年にプレイステーション2で第一作目「零~zero~」が登場し、その後も、「零 紅い蝶」、「零 ~刺青ノ聲~」、「零 月蝕の仮面」と続編を重ね、2014年9月には、シリーズ最新作「零 濡鴉ノ巫女」がWii Uで発売されました。

また、「濡鴉ノ巫女」発表時には、これまでにない大々的なプロモーション展開も発表されています。それが「劇場版 零~ゼロ~」や、マンガ「零 影巫女」といった、「零」シリーズでは比較的珍しいゲーム以外でのメディア展開。以前にも小説版(電撃文庫から2002年に発売のノベライズ)やアトラクションの「4D零」などはあったものの、ここまで大掛かりなメディアミックスは初めてのことだと思います。

ゲーム原作のタイトルについて、ゲーム以外のメディアを通して考えるというテーマを持つこの連載。今回はマンガ「零 影巫女」にスポットを当てていきます。


ゲームをプレイしたことがない人も楽しめる
マンガ版「零」の魅力とは

「零 影巫女」は現在、マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」で配信されており、原作は「金田一少年の事件簿」などで有名な天樹征丸さん、作画を新進気鋭のイラストレーター、Hakus(ハクス)さんが手がけています。「零」には欠かせない霊の存在や、霊を撃退できる唯一の武器「射影機」が登場するなど、ゲームのキモとなる部分を抑えつつ、マンガ版独自のオリジナルストーリーが魅力となっています。
零undefined影巫女

零 影巫女

主人公は、女子大生の鷲月 沙羅(わしづきさら)。一見すると可愛らしい普通の少女に見えますが、実は彼女、穢山(けがれざん)の巫女の一族、「影巫女(かげみこ)」の末裔という、なんともオカルティックな設定。いかにも「零」っぽい、いわくありげな主人公ですよね。まず「穢山」っていうネーミングが凄い。明らかにヤバそうな匂いがプンプンします! 加えて、「零」には欠かせない「ありえないもの」(いわゆる霊的な……)を見る能力を持っていることもあり、日常的にアンナモノヤコンナモノが見えちゃったりします。

設定には徹底的にこだわる「零」が原作なだけに、「零 影巫女」でもその辺りは抜かりなしといった感じですね。作中で沙羅と大学のクラスメイトが、ゼミのため沙羅の故郷である鴉澤村に行くのですが、この村がとっても不気味。バスの中には女の子の霊が普通に出てきますし、神社の手水からは何やら正体不明の手が見えたり……。加えて、ちょっぴり怪しげなお婆さんや、おかっぱの双子(?)の少女など、和風ホラー成分たっぷり。雰囲気は、金田一耕助シリーズの映画などに通じる部分があるかもしれません。

また、先にも述べたように、本作で作画を手がけているのは、イラストレーターのHakusさん。ゲーム的に言うと、昨今では、日本一ソフトウェアのホラーゲーム「真 流行り神」のキャラクターデザインを担当されていました。Hakusさんの描くキャラクターはとてもミステリアスで、個人的には、零の世界観にとてもマッチしていると思いました。天城さんとhakusさんと紡ぎだす、ゲームとは違う「零」の世界。ゲーム版をプレイしたことのない人でも十分楽しめる内容になっているので、興味があればぜひ一度見て欲しいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。