よこはま動物園ズーラシアにアフリカのサバンナが登場!

2015年4月22日(水)、よこはま動物園ズーラシアの最後の整備ゾーンとなる「アフリカのサバンナ」が全面開園します。東アフリカ(タンザニアやケニア)の草原や岩場がある風景を再現し、キリンやシマウマ、エランドなどが歩き回るようすが楽しめます。

「アフリカのサバンナ」とはどんなゾーンなのか、まずは動画でご覧ください。

日本初! 肉食&草食動物の4種混合展示

「アフリカのサバンナ」の一番の特徴は、肉食動物(チーター)と草食動物(キリン、エランド、グランドシマウマ)の4種混合展示。肉食動物と草食動物を一つのエリアで展示するのは、日本の動物園では初の試みだそう。合わせて、ライオン越しに草食動物の姿を見ることもできます。動物たちが悠々と歩き回るようすは、まるでアフリカのサバンナのようです。
肉食動物と草食動物の4種混合展示が行われる草原エリア

肉食動物と草食動物の4種混合展示が行われる草原エリア

ウシ科の草食動物エランド。4頭が走り回ります

ウシ科の草食動物エランド。4頭が走り回ります


チーターも草原エリアを駆け回ります。草食動物たちの方が身体が大きいので襲われる心配はないとのこと。逆に、チーターのほうが逃げ回るらしいです

チーターも草原エリアを駆け回ります。草食動物たちの方が身体が大きいので襲われる心配はないとのこと。逆に、チーターのほうが逃げ回るらしいです


アメリカのグラディス・ポーター動物園から来たキリン「エマ」と「カルメン」

アメリカのグラディス・ポーター動物園から来たキリン「エマ」と「カルメン」

今回開園する「アフリカのサバンナ」のために、9種類の動物たちが仲間入りしました。市民からの要望が高かったキリン(2頭)が初めてズーラシアに入園。これまでキリンがいなかったというのは、ちょっぴり意外ですね!

 
東山動物園(名古屋市)から来たヒガシクロサイ「ニル」。屋外展示場に出るために訓練中

東山動物園(名古屋市)から来たヒガシクロサイ「ニル」。屋外展示場に出るために訓練中

ライオンの展示場からも草原エリアを見渡すことができます

ライオンの展示場からも草原エリアを見渡すことができます

 ※画像はすべて2015年3月17日の内覧会にて撮影

草原エリアのほかにもアフリカの動物たちがいろいろ! 次ページへ