のと鉄道にも観光列車登場

終着駅となった穴水駅

終着駅となった穴水駅。かつては輪島と蛸島方面へ分岐していた


穴水は能登半島の中ほどにあり、輪島や珠洲へは路線が廃止となってしまったのでバスに乗り換えなくてはならない。私が乗った時は通学の高校生や地元の客がほとんどで、観光客がまばらでどこか沈滞ムードだった。
観光用パノラマカー

穴水駅に留置中のかつての観光用パノラマカー(右)


北陸新幹線開業に伴い、能登を訪れる人も増えることが予想される。これを機に、のと鉄道では、2015年4月末より、新しい観光列車「のと里山里海号」を走らせることとなった。地元の素材を車内に使い、海を向いた座席で、旬の食やスイーツを楽しめるという。また、2015年10月からはJR七尾線でも観光列車「花嫁のれん」を金沢~和倉温泉間で運転する。北陸新幹線から2つの観光列車を乗り継いで新たな鉄道旅行ができる。金沢から列車で能登を目指すのも便利で楽しいものとなろう。
のと鉄道入場券とグッズ

穴水駅で購入した写真入り入場券と金箔しおり


観光列車「のと里山里海号」

観光列車「のと里山里海号」のデザインについて


JR七尾線観光列車「花嫁のれん」について

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。