ストリート750はハーレーダビッドソンとの向き合い方を教えてくれる

ストリート750でヨコハマを駆け抜ける!

ストリート750でヨコハマを駆け抜ける!

ひとことで言えば、あらゆる意味で“軽い”。まず230kgという車重ですが、現行スポーツスターの250~260kgという重量から見れば、かなり軽量化されています。普段から重量級のハーレーを取り扱っているのでなおさらなのかもしれませんが、似たスタイルのヤマハ ボルトで車両重量が247kg、カワサキ W800で216kgとなっています。軽すぎず重すぎず、というところでしょう。

ハンドリングも軽やか。ややプルバック気味かつ細身のハンドルバーは姿勢を窮屈にせず、フロント17インチ/リア15インチというコンパクトな足まわりとの組み合わせから、交差点での右左折やUターン、比較的タイトなカーブでもしっかり倒し込んでのクリアーを可能にしています。車重の軽さも、そのハンドリングに一役買っているのは間違いありません。

今までのハーレーにはない軽快な走り、それがストリート750の魅力か

今までのハーレーにはない軽快な走り、それがストリート750の魅力か

エンジンフィーリングは、思っていた以上にクイック。特にスタートダッシュの良さは、これまでのハーレーにないほどのもの。ツインエンジンらしい一発の大きさ(大味さ)はあるものの、これだけしっかりと加速させられるセッティングは、さすが水冷エンジンと言ったところでしょうか。

そして“曲がる”“走る”ときたら……“止まる”、ブレーキングはいかほどのものか。シングル仕様というフロントブレーキがやや心許ないところですが、いざストッピングパワーを試してみて、フロント以上にリアブレーキの効きの良さにビックリ。ブレーキそのものの性能も高いのでしょうが、車重の軽さとのマッチングが良いので、そこそこのスピードからブレーキをかけても、バランスを崩すことなく停車させてくれます。ストップ&ゴーの多いストリートシーンを想定したというだけあって、この性能面は確かにシティユース向きですね。

ハーレーダビッドソンの他モデルは250kg超えの重量級ばかりで、むしろその車重で大地を踏み締め、クルーザーらしい直進安定性を持って突き進んでいく走りが特徴的。その観点から見ると、このストリート750は従来のハーレーの既成概念から大きくかけ離れた別次元のモーターサイクルと言えます。どちらかと言うと、国産系アメリカンモデルに近い仕様。

そういう意味では、ハーレーダビッドソンに乗ることの意味を改めて考えさせてくれる一台と言えるでしょう。「三拍子と呼ばれる独特の鼓動こそハーレーだ」というのであれば、ストリート750には見向きもする必要はありません。このモデルは、間違いなくハーレーダビッドソン モーターカンパニーの新しいチャレンジです。もちろん市場に受け入れられてこその量産バイクではありますが、ハーレーダビッドソンはこれまでの111年のあいだに、さまざまな試みを行なってきました。本モデルのモチーフとなったカフェレーサー XLCR でさえ、一時はユーザーに受け入れてもらえなかったと聞きます。先入観抜きで乗ってみないと、このストリート750の楽しさは掴みづらいかもしれませんね。

熱い視線を集めるジャパニーズカスタム

カスタムという観点から、ストリート750を掘り下げてみる必要があるでしょう

カスタムという観点から、ストリート750を掘り下げてみる必要があるでしょう

そして、ハーレーと言えばカスタム。かなり大柄なタンクとシート、リアフェンダー、そしてフレームに備わるラジエター(水冷機能の装置)から、大柄なイメージがあるかと思いますが、その車重から分かるとおり、大雑把なパーツを外していけばエンジンやフレームはかなり細身となっているよう。つまり、無駄を削ぎ落とせばあらゆる姿にカスタムすることができるということ。

ヨコハマ ホットロッド カスタムショーなど、日本のモーターサイクル カスタムシーンは世界から注目を集めるほどレベルが高く、ダイス・ナガオさん曰く「日本のカスタムビルダーがこのストリート750をどうカスタムするのか、ミルウォーキー(米H-D社の本拠地)も注目している」とのこと。いよいよデビューするストリート750のカスタムモデル、どんなバリエーションのものが日本各地から飛び出してくるのか、実に楽しみではあります。

ストリート750の販売価格は、2月27日に発表!しばし待て!

ストリート750の販売価格は、2月27日に発表!しばし待て!

残念ながら、注目の販売価格については発表解禁日が2月27日となっているため、まだ皆さんにお教えできません。が、解禁日と同時に販売価格、そして同系列モデルをターゲットとした市場動向について、追記という形で検証していきたいと思います!

>> 前回のストリート750の記事を読む

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。