モデリスタはプリウスαとエスクァイアを出展

東京オートサロン2015

PRIUS α MODELLISTAは、上質さを損なわないようにしながらスポーティなデザインを実現


トヨタモデリスタインターナショナル(モデリスタ)は、ミニバンでは昨年11月にマイナーチェンジを受けた2台のプリウスαと、人気のエスクァイアを展示。

「PRIUS α MODELLISTA」は、エッジを効かせたデザインと空力に配慮したディテールに仕上げられていて、ビルトインマフラーが先進性を演出する「エアロキット」や上質な雰囲気の「クールシャインキット」などが用意されている。

東京オートサロン2015

オレンジの配色がアクセントになっている「CYBER CROSS CONCEPT」もプリウスαがをコーディネイト。こちらは参考出品モデル


参考出品の「CYBER CROSS CONCEPT」は、新設定されている「CROSS STYLE」をベースに、オレンジのアクセントがグリルやフロントアンダースポイラー、アウタードアハンドルなどに配され、イルミネーションライティング「カラードレイユニット」などコンセプトカーらしい提案がされていた。
東京オートサロン2015

モデリスタによるエクスファイア。室内には車中泊ができるモデリスタのマットも装備されていた


「Esquire MODELLISTA」は、スマートで上質さを感じさせる「エアロキット」やさり気なくメッキが輝く「クールシャインキット」などを装備。

電気自動車のイメージを覆すアグレッシブなe-NV200

東京オートサロン2015

「e-NV200 Sport Utility Gear」は、アクティブにスポーツを楽しむ人向けの提案で、EVらしく給電機能も用意


日産では、コンセプトカーの「e-NV200 Sports Utility Gear」が注目で、EVらしく静かでパワフルな走りに、給電機能「パワープラグ」が備わっていて、よりアクティブにスポーツを楽しむ人への提案になっている。

東京オートサロン2015

セレナをベースに新しい「Rider」のデザインを示したデザインスタディモデル


ほかにもセレナをベースとした「Rider Advance Study」も展示されていて、手がけたのはもちろんオーテックジャパン。「Rider(ライダー)」シリーズの新たなデザインを探るデザインスタディモデルとして用意され、その大胆なフロントマスクに大きな注目が集まっていた。

次ページ
は、注目のホンダ・ジェイドなどについて