2015年最大の話題は、北陸新幹線開業

E7系

北陸新幹線用E7系


2015年3月14日、従来の長野新幹線を延伸する形で、長野~金沢間が開業、当日より「北陸新幹線」として、東京~金沢を最速約2時間28分で結ぶ速達タイプの列車が「かがやき」(長野~金沢間は富山にのみ停車)、長野~金沢はほぼ各駅に停車する(飯山を通過する列車あり)「はくたか」、富山~金沢をシャトル運転する「つるぎ」、従来通り東京~長野の運転となる「あさま」の4種類が走る。車両は、「あさま」の一部列車をのぞき、E7系、W7系が使用される(W7系はJR西日本の車両で、JR東日本のE7系と外観上の違いはほとんどない)。

参考:北陸新幹線スペシャルサイト

北陸新幹線概要、列車ダイヤなど
(「2015年ダイヤ改正について」、上野東京ラインダイヤ、新設特急「しらゆき」などについても記載されている)


並行在来線の第3セクター鉄道変換

北陸本線の電車

旧国鉄時代から走り続けた北陸本線の車両も見納めとなる


北陸新幹線開業に伴い、並行在来線がJR各社の手を離れ、第3セクター鉄道となる。

しなの鉄道北しなの線(長野~妙高高原=旧JR信越本線)
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン(妙高高原~直江津=旧JR信越本線)
えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン(直江津~市振=旧JR北陸本線)
あいの風とやま鉄道(市振~富山~倶利伽羅=旧JR北陸本線)
IRいしかわ鉄道(倶利伽羅~金沢=旧JR北陸本線)

なお、長野~飯山間は、JR飯山線が北陸新幹線と並走するが、JR東日本が、従来通り運行する。ただし、長野~豊野間は、JRがしなの鉄道に乗り入れる形となる。

特急列車の廃止と新設

越後湯沢駅のはくたか

越後湯沢駅に発着していた「はくたか」も廃止される


北陸新幹線開業に伴い、金沢~直江津間やほくほく線経由の在来線特急列車は原則廃止。新幹線と接続する形で以下の特急列車が誕生する。

特急「しらゆき」(新潟~直江津~上越妙高、新井)5往復。上越妙高駅で北陸新幹線に乗り継ぎ、在来の特急「北越」の代替となる。

特急「能登かがり火」(金沢~和倉温泉)5往復。「サンダーバード」「はくたか」「しらさぎ」が金沢~和倉温泉での運転を取りやめるための代替列車。但し、「サンダーバード」は1往復のみ、和倉温泉直通列車運行を継続する。