年会費タダで使えるゴールドカード3枚

特典が多いゴールドカード

特典が多いゴールドカード

ゴールドカードというと、年会費が1万円程度のカードを思い浮かべる方も多いでしょう。空港ラウンジを利用できたり、一般カードよりも手厚い旅行保険などが付帯するワンランク上のクレジットカードです。

最近では2000円程度の年会費のゴールドカードもありますが、なんと年会費が無料ゴールドカードもあるのです。

ただし、インビテーションが必要だったりと条件がありますので、それぞれ紹介したいと思います。

イオンゴールドカード

年会費無料のイオンカードですが、イオンカード保有者で年間利用額がある条件を超えた場合にイオンゴールドカードが発行されます。自ら申し込むことができない特殊なカードです。ゴールドカードになっても年会費は無料

イオンゴールドカードの特典は、イオンにあるイオンラウンジの利用ができること、羽田空港のラウンジを利用できることです。イオンラウンジでは無料でドリンクを飲めたり、休憩することが可能です。その他、一般カードよりも優れている旅行保険が付帯します。ただし、ポイントに関しては一般カードと同じです。

また、イオンSuicaカード等のようにゴールドカードが用意されていない場合もあります。その場合は、クレジットカードを使い続けてもイオンゴールドへの切り替えはできませんので注意しましょう。

エポスゴールドカード

イオンゴールドと同様に、年間利用額が条件を超えた場合にインビテーション経由で申し込むことが可能です。ただし、エポスゴールドカードの場合は、自ら申し込むことができますが、年会費は5000円となります。インビテーションにてゴールドカードに切り替えた場合は、年会費は永年無料。

エポスゴールドカードの特典は、ポイントの有効期限が無期限になること、年間利用額が50万円以上利用すると2500ポイント(=2500円分)、100万円以上利用すると1万ポイント(=1万円分)のボーナスポイントを獲得できることです。また、エポスゴールドカード会員向けには、10%分のポイントが付与されるキャンペーンも不定期ですが実施されています。

さらに、空港ラウンジも国内14空港、海外2空港で利用でき、一般カードよりも手厚い海外旅行保険が付帯します。

日本海信販VISAゴールドカード

鳥取・島根・岡山、京都府北部・兵庫県北部在住者向けのクレジットカードです。それ以外の地域に住んでいる場合は申し込むことはできません。

年会費は初年度無料、翌年度は3000円(税抜)ですが、1年に1回のショッピング利用があれば2年目以降も無料になります。

日本海信販VISAゴールドカードの特典は、主要空港内のゴールドカード専用ラウンジを利用できます。また、ポイントは100円につき1ポイント獲得でき、1000ポイントで1000円分のAmazonギフト券に交換できるなど、還元率も良いゴールドカードとなっています。

年会費無料でワンランク上のサービスを受けられるゴールドカードを狙ってみてはいかがですか?

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。