崎陽軒の謎<7>横浜の工場で作られたシウマイ弁当と、東京の工場で作られたシウマイ弁当は違う!

「違う」といっても、中身や味が違うわけではありません。違うのはパッケージ。横浜の工場で作られたシウマイ弁当は、掛け紙と紐がかかっており、東京の工場で作られたものはかぶせ蓋になっています。一つひとつ人の手で紐を結ぶ作業は手間がかかりますが、横浜工場のお弁当には「昔ながらのスタイルでシウマイ弁当を提供したい」という思いが込められています。
横浜の工場で作られるシウマイ弁当は紙と紐がかかっています

横浜の工場で作られるシウマイ弁当は紙と紐がかかっています

東京の工場で作られるシウマイ弁当はかぶせ蓋

東京の工場で作られるシウマイ弁当はかぶせ蓋


崎陽軒の謎<8>シウマイ弁当のごはん、なぜモチモチなの?

1日平均約1万9千個も売れているシウマイ弁当。人気の理由のひとつに、「ごはんがおいしい」ということが挙げられるでしょう。オリジナルブレンドの国産米を使用し、炊くのではなく「蒸す」ことで、おこわのようなモチモチ食感を生み出しています。

また、昔ながらの「経木(きょうぎ)」の容器が使われていることも、冷めても美味しいごはんの秘密。通気性がよく、湿気をほどよく吸収することで、べちゃっとしません。経木のふたについた米粒をはしでつまんで食べるのも、シウマイ弁当の醍醐味ですよね!

崎陽軒の謎<9>シウマイ弁当のシウマイ、なぜ1個はみ出しているの?

1954(昭和29)年に誕生したシウマイ弁当。当時はシウマイが4個で、経木の容器の幅におさまっていたとのこと。1974(昭和49)年、時代のニーズに合わせて5個にしたことで、1個はみだすような形になりました。また、シウマイが小さくなった? と思う方がいるようですが、昔からシウマイのサイズは1928(昭和3)年の発売当初から変わっていません。昔からひと口で食べられる、小さめサイズです。

シウマイ弁当には何のおかずが入っているか覚えていますか? 昔ながらのシウマイ(5個)、鮪(まぐろ)の照り焼、かまぼこ、鶏唐揚げ、玉子焼き、筍煮、あんず、切り昆布&千切り生姜、白俵型ご飯(小梅、黒胡麻)です。私の周りで人気のおかずは、甘辛い「筍煮」。これ、おウチで再現できないんですよね~。

崎陽軒の謎<10>崎陽軒本店ショップだけのオリジナル商品がある!

横浜駅東口にある崎陽軒本店。ここには「中国料理 嘉宮」「トラットリア イルサッジオ」「ビアレストラン 亜利巴゛巴゛(アリババ)」「ティーサロン アボリータム」、そして「本店ショップ」があります。
崎陽軒本店「ビアレストランundefined亜利巴゛巴゛(アリババ)のランチブッフェではなんとシウマイが食べ放題(2016年8月17日撮影)

崎陽軒本店「ビアレストラン 亜利巴゛巴゛(アリババ)のランチブッフェではなんとシウマイが食べ放題(2016年8月17日撮影)


あまり知られていませんが、本店ショップには、ここだけでしか販売されていないオリジナル商品があるんです。

  • 本店オリジナルシウマイ
崎陽軒本店の点心師がていねいに作りあげた3種類(クワイシウマイ、チーズとバジル入りサーモンシウマイ、フカヒレと大葉シウマイ)の特別なシウマイの詰め合わせ
崎陽軒本店オリジナルシウマイ(3種)9個入1150円、15個入1880円(いずれも税込)

崎陽軒本店オリジナルシウマイ(3種)9個入1150円、15個入1880円(いずれも税込)



  • 嘉宮月餅
崎陽軒本店の点心師が秘伝の糖漿(濃縮シロップ)を練り込んだ極薄の生地にていねいに餡を包んで、香ばしく焼きあげた特別な月餅。「蓮の実餡」と「小豆餡」があります。
嘉宮月餅(蓮の実餡1個520円~、小豆餡1個520円~いずれも税込)

嘉宮月餅(蓮の実餡1個520円~、小豆餡1個520円~いずれも税込)


  • 三文治(さんもんち)
「三文治」とは中国語でサンドウィッチの意。洋菓子のエッセンスを取り入れた餡を、秘伝の糖漿(生地に練り込む濃縮シロップ)で練りあげたしっとりした生地ではさんで焼き上げた新しい中華菓子(焼きサンド)です。カスタード&アーモンド、クリームチーズ&小倉餡、ドライフルーツ&白餡の3種類があります。
三文治(サンモンチ)(小)3種詰合せundefined1080円(税込)

三文治(サンモンチ)(小)3種詰合せ 1080円(税込)


ひとつひとつ手作りされるため、いずれも「4日前」までの予約が必要となります。とびきりの美味しさなので、一度、お試しあれ。
くわしくは→こちら

崎陽軒の謎<11>崎陽軒ならでは!シウマイ味のドッグがある!?

2013年に誕生した「横濱シウセージドッグ」(340円)

2013年に誕生した「横濱シウセージドッグ」(340円)


崎陽軒が作る「横濱シウセージドック」をご存知でしょうか。「横浜スタジアム内売店」で2013年に販売開始されましたが、「シーズンオフにも食べたい」との声を受け、「伊勢佐木モール店」でも販売されるようになりました。豚肉、干帆立貝柱、玉ねぎといったシウマイの原材料と隠し味にブラックペッパーを加えて作られたソーセージを、専用のパンにのせたオリジナルホットドッグです。見た目はホットドックですが、味はシウマイという、崎陽軒ならではのメニュー。伊勢佐木モール店にはイートインコーナーがあるので、関内に訪れた折にはぜひ味わってみてください。

崎陽軒の謎、まだまだありそうですが、今回はこの辺で。謎が解明したことで、シウマイの美味しさを再発見できそうですね。

URL:崎陽軒
記事:大人がハマる!? 横浜の工場見学
記事:横浜名物「シウマイ」の崎陽軒が100周年!
記事:崎陽軒アボリータム「プレミアムアフタヌーンティー」

 【関連サイト】
テレビ東京「カンブリア宮殿」……2015年9月10日に崎陽軒社長・野並直文氏が出演。「最強商品を生んだ 究極のローカル戦略!」について語りました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。