連載でお送りしている「ピックアップレースクイーン」のコーナー。第15弾は「S Road GIRL」として活躍している中村奏絵さんです。

中村奏絵/S Road GIRL

中村奏絵/S Road GIRL

―今年デビューということですが、その前には何か活動していたんですか?

中村:主にイベントコンパニオンをやっていました。

―その中村さんがレースクイーンになったきっかけは?

中村:去年の「東京モーターショー」の時に、今所属している事務所の方に「レースクイーンやってみない?」って声をかけられたのがきかっけです。

―レースクイーンに誘われてどう思いました?


中村:未知の世界だったので全くピンと来なかったですね。

―とは言え、今レースクイーンをやっている訳ですが…。

中村:もちろん興味はあったんですけど、自分がなれる訳がないと思っていたので、それほど情報も得ていなかったというか。

―なれないと思った理由は何でしょう?

中村:レースクイーンていうと背が高くてスラッとしているお姉さんというイメージが強いと思うんですけど、私は背が小さいので縁がないと思っていました。

―そんな中村さんが「SUPER GT」と「D1グランプリ」といきなり2カテゴリーでレースクイーンをやることになった訳ですが、最初のレースではどんな印象を持ちましたか?

中村:「D1」の方が先だったんですけど、とにかくサーキットが広くてビックリしました。あと音に驚きました。

―D1はドリフトのイベントですからね。「SUPER GT」はどうでしたか?

中村:開幕戦は岡山だったんですけどとにかく寒くて…その印象が一番強かったです。あとは「ちゃんとしなければ」という思いでずっと緊張していました。

―さて、シーズンも後半ですが、今の時点で記憶に残ったエピソードとかありますか?

中村:「D1」の方はチームのメンバーと一緒にステージで歌とダンスをするんですね。でも私はそれまで何もやったことが無かったので最初は緊張してお客さんの顔を見ることもできなかったんですけど、最近は顔を見たり視線を送ったりできるようになりライブを楽しめるようになりました。「SUPER GT」だと大分の時にグリッドボードを持たせて頂いたんですが、あんなに重いとは思ってなくてあとでみんなに「飛ばされそうだったけど頑張ってたね」って言われました。それがとても印象に残っています。

―シーズンも後半ですが、今年の目標は何かありますか?

中村:1人でも多くの方に知ってもらえるようにブログもしっかり更新したいと思っています。あとは活動の場をもっと広げて行けたらなって思っています。

―では最後にファンのみなさんに一言。

中村:レースクイーン1年目ですが、サーキットで見かけたら是非声をかけてください。宜しくお願いします。

グラビアサイト「Another Queen」で社長秘書コスプレを披露した中村奏絵

グラビアサイト「Another Queen」で社長秘書コスプレを披露した中村奏絵

レースクイーンになる前は未知の世界だったと話していた中村奏絵さんですが、今は活動の場を広げるべく映画やグラビアにも挑戦して行きたいとのこと。9月にはファーストDVDも発売され、目標を現実のものにしています。そんな中村さんの新たな魅力が見られるのがグラビアサイト「Another Queen」。社長秘書風のコスプレでクールな一面を見せています。大人っぽい彼女も素敵ですよ。

・関連サイト「Another Queen」



■リアルタイム情報は「レースクイーン navi」で配信中!
----------------------------------------------------------
※著作権は撮影者・矢沢隆則及びオールアバウトに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。
All About 著作権/商標/免責事項
All About 「レースクイーン」ガイドサイト掲載画像について