ゴロ寝よ、さようなら。身体をあずける和のクッション

のんびり寝転がれるフロアライフは確かに快適なのだけど、床に座るときには、もたれかかるモノが無くて疲れてしまいます。座椅子もいいけど、ゆる~く座ることができないし、かといって普通のクッションだと頼りなさ過ぎる。

京都の高級旅館でも使われているtetra(テトラ)で、品のいい和洋折衷スタイルのできあがり

京都の高級旅館でも使われているtetra(テトラ)で、品のいい和洋折衷スタイルのできあがり


そんなときには、ピラミッド型のビーズクッション、tetra(テトラ)を試していただきたい。ソファみたいにくつろぎながら、でも和のテイストの残る座布団。そう、このクッションは現代の座布団をイメージして開発されているんです。

座ったときには、底面のビーズが背もたれに移動して腰回りをしっかりとサポート。寝ころんでテレビを見るときに上半身を預けると、無理のない体勢をキープできてとっても楽。綿のカバーは、和室にマッチするように日本の伝統色にちなむカラーを採用。人工皮革のカバーは汚れにくく、ホコリがたちにくいのがポインですト。

【商品取り扱い:スタイルストア】
●tetra/クッション座椅子 カバーリングタイプ(W700mm×D880mm×H450~880mm)1万2600円
●tetra/クッション座椅子レザータイプ(W700mm×D880mm×H450~880mm)1万3650円

床で寝転がったときには、イイ感じのテーブルが欲しくなるもの。次のページでは、2wayで使える優れものをご紹介しましょう。