福利厚生に利用できる優待

リゾート

宿泊費がうくのは助かるかも

9月の株主優待を狙って投資するのであれば、どこがいいのでしょうか。

おススメなのはリゾートソリューション株式会社(銘柄コード:<5261>)。三井不動産傘下にあり、ゴルフ場、ホテルの運営受託などを中心に行っている企業になります。

その他、福利厚生代行サービスの企画・提案、再生サービスなども行っており、企業名からもまさに「リゾート」関連のサポート、解決といったらこの企業と思い浮かべることができますよね。

さて、そんな「リゾート」にまつわるこの企業。いったいどんな株主優待構成となっているのでしょうか?

株主優待年利回り14.09%!プラス配当利回りで15%超に!

リゾートソリューションでは、9月および3月末日における株主に対して、株主優待を支給しています。配当に関しては、3月決算のため毎年3月末に株式を保有する投資家に支給されています。業績動向により、今後変動する可能性があるとはいえますが、この企業の魅力はなんといっても宿泊やゴルフ、リゾートで利用できる商品券が優待としてもらえる点といえます。

リゾートソリューションでは、今期の配当予想を3円としており、ここ数年変わっていません。配当利回りは、2014年8月22日終値227円で換算すると1.32%。これだけだとそれほど魅力にはうつりませんが、商品券と株主会員様優待カードが威力を発揮します。以下に株主優待券の内容を記載します。

■株主優待券の内容(半期ごとに支給)
(1)リソル宿泊専用商品券、(2)リソルゴルフ専用商品券、(3)リゾート商品券、(4)株主会員様優待カード
1,000株以上・・・(1)3,000円分、(2)10,000円分、(3)3,000円分、(4)1枚
3,000株以上・・・(1)10,000円分、(2)10,000円分、(3)3,000円分、(4)1枚
5,000株以上・・・(1)20,000円分、(2)10,000円分、(3)5,000円分、(4)1枚
10,000株以上・・・(1)20,000円分、(2)10,000円分、(3)8,000円分、(4)1枚

例えば、1,000株保有者であれば9月末、3月末保有者に対してそれぞれ16,000円分の商品券と株主会員様優待カードが支給されます。すべて利用したとするならば、優待利回りは32,000円÷227,000円(8/22終値)×100=14.09%となります。配当利回りも考慮すれば15%を超えることに。

使い方ですが、(1)の宿泊専用商品券は、リゾートソリューショングループの直営宿泊施設(リソル、R&Sなど)で利用可能です。(2)のゴルフ専用商品券は、リゾートソリューショングループのゴルフ場で使用可能です。(3)のリゾート商品券は、全国2,000ヵ所以上の各種提携施設で使えます。

(4)に関しては、ライフサポート倶楽部の会員特別優待料金で、全国約6,000ヵ所のリゾート施設と、毎日の暮らしに役立つ2,300種類を超える生活メニューを利用できるカードとなっています。普段予約している旅館やホテルなども割引がきくケースもありますので、使わない手はありません。

業績はほぼ横ばい。優待+配当の長期投資向きといえる

それでは業績面はどうでしょうか。ここ数年は、売上高が180億から200億程度となっており、横ばいに近いといってよいでしょう。利益は着実に出しているものの、成長性という面では期待しにくい側面があります。裏を返せば安定的といえ、配当や株主優待を目的としている方には投資しやすいとはいえます。

ただし、有利子負債が多めな点、ここ数年の決算が会社予想を下回っている点などが重石となっています。そのため、株価が大きく上がるのは想定しにくいかもしれません。

投資指標面から見ると、2014年8月22日終値における会社予想をもとにしたPERは31.53倍、PBRは1.37倍(実績)と積極的には買いにくい状況とはいえますが、優待と配当で元をとるといった長期投資をお考えであれば、あまり気にしなくてもよいかもしれません(通期で赤字といった状態にならなければ)。

旅行やゴルフなどを楽しみたい方にはうってつけの株主優待といえるのではないでしょうか。株主優待の詳細は、リゾートソリューション株式会社のホームページをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。