久しぶりの新型4気筒エンジン搭載マシン

CB650Fフロントビュー

CB650Fフロントビュー

ホンダが次世代の新型4気筒650ccエンジンを搭載したバイク、CB650Fを販売しました。カウル付きのレーシングレプリカスタイルのCBR650Fと基本的な車体構成を共通にして、流行のストリートファイタースタイルを取り入れたCB650Fです。

新型のエンジンは、直列4気筒ならではの伸びやかな吹け上がりと上質感のあるサウンドを実現していること、低回転域での扱いやすさによる安心感が確保されていること、吸気系を含めエンジン全体の造形が美しくコンパクトであること、この三点を目標に開発されたとプレスインフォメーションには掲載されました。

CB650Fに乗るまで、このエンジンのフィーリングは空冷と水冷の違いはあれど、教習車にも採用されているCB750のようなフィーリングではないかと思っていました。最近のホンダは乗りやすさを重視する傾向にあり、プレスインフォメーションの随所に乗りやすさに気を使った技術が取り入れられた車両であることが掲載されていました。

今でこそ、大型自動二輪の教習にはハーレーのスポーツスターやNC750シリーズが使われていることもありますが、以前は大半がCB750でした。それほどCB750は大型車両としてスタンダードなスペックを持っており、癖が無く乗りやすい車両でした。

最近は排気ガスの規制や燃費性能を気にするユーザーが増えてきている為、2気筒エンジンを搭載している車両も増えてきており、久しぶりの新型4気筒エンジン搭載マシンの登場となりました。

いつも通りCB650Fの広報車を一週間お借りしましたので、きっちり一週間通勤で使用して新型4気筒エンジンのフィーリングも含めてインプレッションをお届けします。

エンジンの本質はネイキッドではなくスーパースポーツに近い

CB650Fundefinedエンジン

CB650F エンジン

新型エンジンの本質はネイキッドに搭載されるエンジンというよりはスーパースポーツに搭載されるエンジンのような印象です。同社で言えば、CB750に搭載されていたようなエンジンではなく、CBR600RRに搭載されているような印象のエンジンです。

低速域での安定感のある操舵フィーリングと中速域での力強さを重視したというエンジンは、確かに低速から中速域にかけて、トルクが足りないような印象は全くありませんが、気持ちよく高回転まで吹け上がるエンジンのフィーリングはレーシングレプリカのエンジンに近い印象があります。実際にこのエンジンにはCBR600RRやCBR1000RRの技術がフィードバックされています。

ですがスロットルレスポンスはスーパースポーツに比べて鈍いような印象があり、特にアクセルオフの状態からアクセルを開ける際には少しスロットルが重いような印象があります。また、一旦トップギアの6速もしくは5速に入れてしまえば、アクセルを開けていないパーシャル域でもあまりエンジンブレーキを感じない同クラスのネイキッドバイクと違い、アクセルを戻せばエンジンブレーキが効き減速していくようなイメージです。加減速している時にこそ本領が発揮されるエンジンですが、ギア比をもう少し変えて流して走っている際にも違和感を感じないセッティングにして欲しかったと思います。