山頂は「天空の花園」

リフトを降りて一歩ゲレンデだった斜面に踏み出すと、そこは色とりどりのゆりの花、花、花。そして斜面の遥か先に見える青い空と海、そして小樽の南、銭函の町並み……。

何という景色でしょうか! 花畑の中に入ると、ゆりの香りに包まれます。ピンク、白、黄色、オレンジの大輪の花々に囲まれ、至福のひととき……私は今、まさに「天空の花園」に降り立ったのです。

undefined

山頂は「天空の花園」

あとからリフトで降り立った観光客たちの口から聞こえるのもため息のみ。そしてゆり畑に向けて無言でカメラやスマホを構える姿も。

ガーデンに設置された看板を見ると、ここのゆりは大きく分けると、香りがなく透けて見える「すかし系」と、カサブランカに代表される大輪で香りの強い「ハイブリッド系」の2系列50種類。これらが「早咲き」、「中咲き」、「遅咲き」と時期を分けて咲くように植えられているので、長い期間楽しむことができるとのこと。山頂のビューポイントには展望デッキやレストハウスもあり、ここでゆっくり時間を過ごせるようになっています。

undefined

山頂の展望デッキ

ゆりのスロープをダウンヒル!

山頂エリアでゆりを満喫した後は、またリフトで下山することもできますが、せっかくならゆりの花と下界の景色を眺めながら歩いて「ダウンヒル」したいもの。展望デッキ付近には下山用貸出ストックも用意されています。

山頂から中腹にかけてそれぞれ場所により、ボーダーゾーン、モザイクゾーン、ミックスゾーンと名前が付けられたゆり畑を眺めながら、ガーデン脇の遊歩道を歩いてゆっくりと下山。ところどころのビューポイントからは、石狩湾とその向こうに広がる札幌の街も見渡せます。

undefined

ゆり畑の向こうは遠く札幌の街が

下山の途中、ゆりの花の手入れ作業の方が。話をお聞きすればこちらのゆりは31万球186万輪もあり、植え込みから雑草取り、水やりなどの管理は一本一本手作業で行っているとのことです。たくさんの方々が感動する楽園の裏には気の遠くなるような作業があったんだ、なんて今さらながら気付いた次第。

かくしてゲレンデに勢を競う可憐なゆりを愛でながら、刻々と変わる下界の眺望を眺めつつ、冬なら数分で滑り降りる1.1kmのコースを徒歩でダウンヒル。山麓のフィニッシュ地点にゆっくりとたどり着きました。

undefinedundefined

ゆりのスロープをダウンヒル

次のページでは、ゆり園のグルメとお土産について