【新商品】パナソニック エコソリューションズ 「温湿度センサー」

屋内・屋外の温度と湿度をHEMSで一元管理


快適な暮らしを実現するためには、自然環境に配慮し、条件に適した住まい方を心がけたいもの。住まい内外の温度や湿度を把握し、効果的な設備機器を用いることも大切でしょう。

パナソニック エコソリューションズからは、リビングや寝室、洗面、廊下などの屋内だけでなく住宅の外まわりの温度、湿度を計測し、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)でのエネルギーと温湿度情報の一元管理を可能にする「温湿度センサー」を発売。HEMSの基本であるエネルギーの見える化だけでなく、屋内外の温度や湿度情報を画面で一元管理することができるものです。

パナソニック

[上左]温湿度センサー(屋内用) [上右]温湿度センサー(屋外用) [下] モニター画面例


■温湿度情報をHEMS画面で確認
温湿度センサーを設置した場所の温湿度情報は、専用モニター、スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビなどでひと目で確認することが可能。一画面に最大で三箇所の情報を見える化することも。

■10台まで取り付け可能。設置も簡単
小型サイズ(84×84×32mm)の温湿度センサーは、電源配線が不要な電池式なので、取り付けも簡単。最大で10台の設置が可能です。屋内用はクールホワイト色でリビングや寝室、廊下や洗面などの壁面にも調和するデザイン、屋外用は防水性能がIPX3(鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない)に準拠しています。

既に、「スマートHEMS」を取り入れている方であれば、「AiSEG」をインターネット経由でファームアップすると温湿度センサーの利用が可能なソフトウェアに更新も。温湿度センサーと「AiSEG」間の無線通信は、家庭で使用されている電子レンジやコードレス電話機などの他機器からの電波影響を受けにくい特定小電力無線を使用しているので安定した通信が可能です。
※「スマートHEMS」「AiSEG」は、パナソニックグループの登録商標。

気象環境の厳しさが増す昨今、住まいの状況を常に意識することは必要になってきているのかもしれません。パナソニックでは、将来的には、計測したデータを基に空調機器や設備機器と連携させることなども目指しているとか。さらなる省エネルギー、快適性のアップを期待したいものです。

■「温湿度センサー」 希望小売価格(税抜)
MKN7511W(屋内用)(クールホワイト) 11,800円
MKN7512F(屋外用)(クリームグレー) 13,800円

【詳細情報】 パナソニック エコソリューションズ





匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。