カルマカメットの世界を堪能できるコンセプトレストラン

よく見ると天井に吊るされた袋の中に大量の花びら

よく見ると天井に吊るされた袋の中に大量の花びら

全体的にアジアアンティークがテーマになっている

全体的にアジアアンティークがテーマになっている

建物は一軒家で、席数も決して少なくはないのですが、週末の夜などは予約必須。タイのハイソー(ハイソサエティ)の方々を始め、芸能人、モデル、ファッション業界、メディア関係の顧客が多いそう。カルマカメットの世界観を集約したインテリアがとにかく素敵で、初めて足を踏み入れた人が必ずと言っていい程、その雰囲気に圧倒されます。

 
ハーブは料理のアロマに欠かせない

ハーブは料理のアロマに欠かせない

例えばオールドチャイナタウンの漢方薬局からインスパイアされた壁一面の小さな引出し、タイのローカル小学校をイメージしたテーブルセット、まるでアロマオイル抽出工場のような天井、ハーブと花の鉢植えが無造作に置かれたガーデン、錆びついた鉄の扉や古い木材、オリジナルの食器にインクが染み付いたメニュー、細部に至まで手抜きの無いこだわりに感動すら覚えます。

 

視覚、嗅覚、味覚で楽しむカルマカメットダイナーの料理

食用花とフルーツをあしらったフレンチトーストは250バーツ(約800円)

食用花とフルーツをあしらったフレンチトーストは250バーツ(約800円)

ラベンダーアイスとシュークリーム、綿飴 が盛りつけられた「シークレット」250バーツ (約800円)

ラベンダーアイスとシュークリーム、綿飴 が盛りつけられた「シークレット」250バーツ (約800円)

食用花をあしらったフレンチトーストやワッフル、ラベンダーの香りのコットンキャンディーが飾られたデザートプレート、と本業がアロマブランドであることをアピールする工夫がなされた料理の数々。ディナーには肉料理を始め本格的なメインコースがサーブされ、セレクトにこだわりが感じられるワインリストも一興。また、朝食、ランチ、ティータイム、ディナー、でオーダーできるメニューが異なるのでご注意ください。

 
<DATA>
■Karma Kamet Diner 
場所:30/1 Soi Matheenvet Sukhumvit 24, Klongtoey Bangkok 10110
アクセス:エンポリアムデパート裏手(駐車場ビルのほう)
最寄り駅:BTSプロンポン徒歩3分
電話:+66-2-262-0700
営業時間:9:00~23:00(無休)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。