3万円台で買える!7月権利確定優待利回りランキング

7月の株主優待権利確定銘柄の中から3万円台以下で買える銘柄のベスト2をご紹介いたします!

7月の株主優待権利確定銘柄の中から3万円台以下で買える銘柄のベスト2をご紹介いたします!

今回は2014年7月に株主優待が確定する3万円台以下で買える銘柄の中から、配当に加え、株主優待品を額面通りで評価した場合の金額(※)も含めた総合利回りを算出。その利回りランキングを参考に、株主優待の利用のしやすさなどを加味したガイドが選ぶトップ2をご紹介したいと思います。

※利回りを計算する上での株主優待の評価方法は、額面として記載されている数字を参考としています(一部ガイドが推定)。予想配当+予想優待利回りはあくまでも参考としてご覧ください(2014年5月21日の終値で計算しています)。

それでは、第2位から順にご紹介していきましょう。

第2位 丸善CHIホールディングス(東証1部・3159)

予想配当+予想優待売却利回り:3.3%

【2014年5月21日株価】 305円
【配当獲得最低投資額】 100株=3万0500円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 0円
【株主優待権利確定月】 7月末
【優待内容】 
詳細はYahoo!ファイナンスの株主優待情報をご覧ください

第2位は丸善CHIホールディングス<3159>です。筆頭株主は大日本印刷で52.9%の株式を保有しています。丸善とTRCが統合した企業で2011年にジュンク堂と学術書の雄松堂も参加しています。

今回は100株を購入し、全国の丸善、ジュンク堂書店の店舗で利用可な商品券1000円分を獲得したケースを想定しています。他の株主優待利回りランキングの上位銘柄に比べると利回りは低いものの、店舗が全国にあるので、比較的利用しやすい株主優待だと思います。

業績はおおむね横ばいですが、利益は緩やかな拡大傾向に。株価も長期的に見れば緩やかな上昇傾向となっています。同社の買いのポイントはズバリ、株価が調整して200日移動平均線にタッチしたところを狙っていければ良いと思います。たとえば、2014年5月21日現在ですと304円となります。

第1位 ナイスクラップ(東証ジャスダック 7598)

予想配当+予想優待額面利回り:8.7%

【2014年5月21日株価】 346円
【配当獲得最低投資額】 100株=3万4600円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 10円
【株主優待権利確定月】 1月末、7月末
【優待内容】 
【優待内容】 詳細はYahoo!ファイナンスの株主優待情報をご覧ください

今回の第1位はナイスクラップ<7598>です! レディスカジュアルをファッションビル中心に展開している企業です。取り扱いブランドにはone after another NICE CLAUP、natural couture、pual ce cinなどがあります。

同社の株主優待は10%割引の優待券ですので、評価が難しいのですが、今回は100株を購入し、10%の割引券を年間12枚獲得し(1回の買い物で1枚使用可。但し、買い上げ総額5万円を上限とする)、半期毎に1万円、年間で2万円の買い物をしたケースを想定しています(つまり株主優待は2万円の10%の割引額にあたる2000円で評価)。もちろん、同社店舗をもともと利用している皆様で、もっと割引券を使って買い物をすれば実質利回りはさらに上がります。

足もとの業績ですが、新ブランドが、市場に十分に浸透しきれなかったことや、主力ブランドである「one after another NICECLAUP」が、不採算店の退店と新ブランドへの移行等により店舗数が減少したこと等により苦戦し、2014年1月も赤字が継続しています。しかし、採算・効率を重視した直営店の出店、退店及び改装を引き続き進めていき、効率を重視した経営を行っていくことで、2015年1月期は黒字転換予想となっています。

株価は350円前後で推移していますが、比較的振れ幅が大きく、320円前後まで調整することもあれば、390円前後まで急騰することもあります。できれば、何か株式市場全体にショックがあったときなどに320~330円程度まで下落したところで購入することができれば良いと思います。仮に黒字転換を果たし、業績が復調基調になれば、株価が上昇基調になることも期待できると思います。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。