新しいスポーツツアラーモデル

ツーリング用モデル XL1200T スーパーロー

ツーリング用モデル XL1200T スーパーロー

2014年4月にデビューしたハーレーダビッドソンのニューモデル、それがこれ『スポーツスター XL1200T スーパーロー』。モデルラインナップにある『XL883L スーパーロー』をベースに、排気量を883ccから1201ccにアップさせ、さらにロングツーリングを想定した装備で固めた新しいスタイルのスポーツスターです。
身長160cm未満の女性ライダーがまたがった際の足着き

身長160cm未満の女性ライダーがまたがった際の足着き

大きな特徴のひとつが、車高の低さ。最低地上高が95mmと、その名の通りスポーツスターのラインナップ中でもっとも低いモデルとなったスーパーロー。この数字が意味するところは、ずばり足着き性の良さ。身長の低いライダー(例えば身長160cm未満の方など)でも、停車時に片足や爪先で支えなければならないということはなく、イコール安心感につながるわけです。特に女性の方は気になるポイントではないでしょうか。
ウインドスクリーンなどオリジナルパーツがずらり

ウインドスクリーンなどオリジナルパーツがずらり

そして他のスポーツスターモデルとの違いは、この豪華な装備の数々。工具なしで脱着可能なウインドスクリーンにオリジナルのサドルバッグやシート、そしてロングツーリング向きの容量17Lフューエルタンクなど、日帰りから一泊、またはそれ以上のツーリングを想定したアイテムが備わっています。『FLSTC ヘリテイジソフテイルクラシック』や『FLD スイッチバック』など、旅仕様モデルは他にもありますが、小柄な日本人向けのスポーツスターをベースにまとめられているところに、このスーパーローの存在意義があると言えるでしょう。
フロントビュー/リアビュー

フロントビュー/リアビュー

単色モデルが156万3000円、ツートーンモデルが159万3000円(いずれも税込)と、スポーツスター中ではもっとも高価な一台ですが、ベーシックなモデルに「ウインドスクリーンが欲しいな」とか「サドルバッグがいるよね」と後から買い足すことを考えたら、最初からパッケージングされているスーパーローはある意味お得なモデルと言えます。

日本人のためのモデルか?

身長174cmの私が乗ると、こんな感じ

身長174cmの私が乗ると、こんな感じ

実際に乗ってみた感想としては……正直、ポジションがかなり窮屈に感じました。オリジナルシートは臀部で盛り上がっているためにポジションを固定され、通常モデルと同じミッドコントロールというステップ位置と相まって、ある程度あそびがほしい“ヒザのゆとり”がなかったのです。それなりの距離を走ってみたのですが、結果として「結構タイトなポジションだなぁ」というのが最初の印象でした。
小柄な女性ライダーが乗るとジャストフィット!

小柄な女性ライダーが乗るとジャストフィット!

と・こ・ろ・が! 身長160cmにも満たない女性が乗ると「ジャストフィット。全部が申し分ないポジション」と絶賛するじゃありませんか。私の身長は174cmと、割りと平均的な日本人男性の高さだと思うのですが、さらにそれよりも小柄な人向けにまとめられているとは……。大柄なアメリカ人のためのモーターサイクルとは思えない仕様だと言えます。

その背景にあるのは、本国カンパニーのアジア戦略です。フレーム剛性がアップして小柄な人でも取り回せるようになった最上級ツアラーモデル『ウルトラ』のブラッシュアップなど、カンパニーはインドや中国などのアジア市場を見据えた仕様チェンジを積極的に行っています。この『XL1200T スーパーロー』も、そうした市場向けに開発されたモデルなのでしょう。いずれにしても、私たち日本人にとってはこうしたモデルがハーレーダビッドソンから生み出されるのは嬉しい限り。
アジアに暮らす私たちには朗報とも言えるモデル

アジアに暮らす私たちには朗報とも言えるモデル

まずは、自分自身がハーレーダビッドソンを手に入れることでどんなライフスタイルを構築したいのか。オリジナルのカスタムによるこの世に一台だけのモデルを作り出すもヨシ、ファッションの一部としてバイクライフを楽しむもヨシ。この『XL1200T スーパーロー』は、カスタムやファッションというカテゴリーには不向きですが、「ハーレーダビッドソンでの旅を楽しみたい。それでいて、取り回しやすいモデルで」という要望をお持ちの方にうってつけの一台と言えますね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。