前回の「恋に効くソファーとサイドテーブルの選び方」の記事では、ソファーでくつろぐ自分を見る“もう一つの視点”についてお話しました。この記事に出てきた、ちょっとマニアックな内部構造について何回かにわけてお話します。実は「内部構造」は“座り心地”や“将来的にかかるメンテナンスの金額”と深い関係があり、知っているといないとではご購入後の満足度が大きく異なってきます。

今回は“モールドウレタン成形”という耳慣れない内部構造をもった、大人気のロングセラー商品を2アイテムご紹介します。

モールドウレタン成形で作られたソファーの特徴

ウレタンは簡単に言うと2種類あります。

1.スラブウレタン

  • スポンジのように表面に気泡があり、柔らかいものから硬いものまで様々な種類がある。
  • ソファーに座り沈み込む前に感じる、第一印象を決める。
  • 様々な固さのスラブウレタンを組み合わせることで、異なる座り心地をつくる。
  • 経年劣化でウレタンが痩せた際、カバー交換時にウレタンの取り替えが必要な場合がある。
  • 密度、比重の種類が豊富で加工の自由度も高い。

2.モールドウレタン
  • しっとりと吸い付く低反発枕のような触り心地。
  • スラブウレタンに比べ、密度が高く耐久性に優れている。
  • 耐久性の高さから、ソファの構造体として使われる場合がある。
  • 経年劣化しにくく、非常に丈夫。

モールドとは“型”のことです。モールドウレタンとは、作りたい形の型をつくり、その型の中に、“2種類の液体を混ぜると膨らむ性質を持つウレタン原液”を流しこみ、型から外して成形する作り方をします。空洞の容積に対するウレタンの量や、液の配合率、様々な要素で固さを調節する事が出来ます。モールドウレタンの耐久性は、密度の高さと外側の表面にできる硬い表皮膜で実現しています。

ひとつひとつ手間とコストをかけて作られた、モールドウレタン成形のソファーには下記のような特徴があります。
・直線も自由曲線も、デザインに忠実な形で再現可能
・荷重が均一に分散されるので、底付き感がなく座り心地の印象がソフト
・きちんと作られたモールドウレタン成形のものは耐久性に優れている


次ページからは、人気家具メーカーのアルフレックス・ジャパンイデーのモールドウレタン構造の特徴を生かした、アイコン的なアイテムをご紹介致します。